126,

通信端末制御システム

【出願日:2013年1月30日/出願番号:特願2013-122706】
【登録日:2017年4月21日/登録番号:特許第6131111号】

目的

教育や研修などにおいて、通信端末を用いて学習を行う際に用いる通信端末制御システムを提供する。

技術概要

本発明の通信端末制御システムは、制御指示側通信端末(学習者端末)と制御受信側通信端末(教員端末)との間で、管理サーバを介して学習者端末側の画面操作を教員端末に反映させるシステムである。
管理サーバは、まず、学習者端末側の複数に分割された表示画面のうち、操作が行われた領域の画像情報と日時情報とを含む制御情報を受信し、その制御情報を教員端末へ送信したか否かを記憶する。次に、学習者端末側と教員端末間のネットワーク接続状況を監視し、双方が非接続状態であればそのまま待機するが、接続状態に切り替わった際に、未送信となっている制御情報のうち最も新しい制御情報のみを教員端末に送信する。なお、この際に、未送信であった制御情報(最も新しいものを除く、その他の制御情報)も一括して「送信済み」に変更して記憶する。以上の処理により、いずれかの端末において接続が途中で切断された場合であっても、学習者側の最終的に行われた操作のみを特定し、その操作だけを教員端末側に反映させることができる。
これによって、効率的なデータ送受信が可能となる。

ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ