Ver.13

搭載予定機能ご案内

2018年3月リリース予定

  • ログ検索機能と連携機能の強化でサイバー攻撃のリスクを最小限に
  • ネットワーク管理の運用効率化と情報漏洩対策の強化を支援
  • 過重労働対策の取り組みに正確な労働時間の把握を支援

ログ検索機能と連携機能の強化で
サイバー攻撃のリスクを最小限に

SKYSEA Client Viewは、サイバー攻撃の調査にご活用いただけるよう、さまざまなログを収集し、長期間保存しておくことが可能です。
Ver.13では、ログ検索における操作性を向上させ、リスクの早期発見を支援します。また、他社メーカー様のセキュリティ製品との連携機能の拡張を行い、より強固な多層防御の構築にお役立ていただけます。

ログ管理機能改善

ログ検索における操作性をアップ、
状況把握をさらに迅速に

高度化するサイバー攻撃の調査を行うためには、さまざまな角度からログを検索することが重要ですが、PCの管理台数が多い環境では収集されるログの量は膨大となり、検索に時間を要します。そのような場合でも速やかな調査を支援するため、SKYSEA Client Viewではログ検索の高速化を実施。サイバー攻撃の痕跡の把握に役立つ、アプリケーションの「ハッシュ値」などのログ情報を素早く表示し、マルウェアの侵入経路や影響範囲の調査などをサポートします。

セキュリティ製品との連携機能拡張

セキュリティ製品と連携し、
異常検知したPCを遮断して安全確保

エンドポイントセキュリティ製品(ウイルス対策ソフトウェアなど)がPC内の異常を検知した場合や、UTM製品が外部との不審な通信を検知した場合に、SKYSEA Client Viewと連携することで該当するPCをネットワークから自動遮断。組織内での被害拡大を防ぎます。Ver.13ではさらに多くのお客様にご利用いただけるよう、連携が可能なセキュリティ製品を増やします※1

※1 連携可能なセキュリティ製品の詳細については、動作環境をご参照ください。

ネットワーク管理の運用効率化と
情報漏洩対策の強化を支援

クラウド環境の利用やデバイスの多様化など、組織のネットワーク環境の複雑化に伴い、運用管理における管理者の負荷は高まっています。SKYSEA Client Viewは、組織のネットワーク運用管理をサポートするSDN※1製品と連携※2することで、運用管理のさらなる効率化を支援。またVer.13では、SKYSEA Client Viewのアラート情報をsyslogとして出力。他社製品へ送信してアラート端末の隔離や、アラートの集計・分析などに活用することで、組織の情報漏洩対策強化を支援します。

※1 SDN(Software Defined Network):ソフトウェアによって仮想的なネットワーク環境を作り、管理ツールなどによる操作や事前の設定だけでネットワークを動的に制御する技術。ネットワーク全体を一元管理できるため、あらゆる機器の設定や構成の変更などを柔軟に行うことが可能。
※2 連携可能なSDN製品の詳細については、動作環境をご参照ください。

SDN製品連携

SDNによるアクセス制御設定を自動化、
ネットワーク管理の負荷軽減を支援

SKYSEA Client Viewが収集した各PCの資産情報を、SDN製品へ定期的にアップロード。SDN製品に対するPC情報の登録作業が簡略化され、管理者の手間を軽減します。また、SKYSEA Client Viewが導入されていないPCの、業務用ネットワークへの接続を防止するなど、各PCのアクセス制御が行なえ、情報セキュリティ対策の強化を支援します。

アラートのsyslog出力

SKYSEA Client Viewのアラートを
他社製品に送信、PC制御に活用

SKYSEA Client Viewが検知したアラート情報を、syslogとして出力可能に。出力先を指定することで、アラートを他社製品で活用することができます。例えば、SDN製品がこのsyslogを受信することで、SKYSEA Client Viewがアラート検知したPCをネットワークから自動で隔離するなどの運用が行えます。

過重労働対策の取り組みに
正確な労働時間の把握を支援

SKYSEA Client Viewでは、PCの操作ログを活用して従業員の労働時間の把握を支援する機能や、業務時間外のPC操作を制限する機能などを搭載しています。Ver.13ではこれら機能に加え、残業申請・承認業務をサポートする機能もご用意。適切に申請・承認処理を行うことで、労働時間を正確に把握し、業務量の把握、負荷分散の検討などにつなげていただけます。

申請・承認ワークフローシステム

Webシステムで残業を申請・承認、
未申請のPCに対する使用制限も

残業の申請から承認までの一連の作業を、申請・承認ワークフローシステム上で運用、管理することで、煩雑になりがちな申請・承認業務をサポートします※1。未申請のまま定時時刻を過ぎた場合には、PCの画面をロックしたり、ネットワークから遮断できます。管理機以外のPCからでもWebシステム上で処理が行えるため、各部署の上長が自分のPCから承認することも可能です。

※1 本機能をご利用いただくには、Active Directoryの導入・設定変更など、SKYSEA Client View以外でお客様のシステム環境を調整いただく必要がある場合があります。お客様の環境で運用が可能かを確認いただいた上で、本機能をご導入いただきますようお願いいたします。
※2 別途、「残業お知らせメッセージ」機能でメッセージの通知や、PCの使用制限を設定しておく必要があります。

その他新機能のご紹介

「ソフトウェア配布」機能強化

ソフトウェア未導入PCの
抽出・配布作業をまとめて簡略化

ソフトウェアの自動配布時に、配布対象として検索グループ※1が選択できるように改善。検索グループへの自動振り分け機能と組み合わせて、特定のソフトウェアの導入が必要なPCの洗い出しとインストール作業をまとめて簡略化することができます。

※1 ほかの管理機と共有化された検索グループ、または自動振り分け設定がされた検索グループが対象です。

「持ち出しファイル簡易暗号化」機能強化

暗号化ファイルの使用範囲を限定、
データの持ち出しをさらに安全に

組織で管理しているPC以外では、暗号化したファイルが復号できないように設定できます。外部のPC上で復号ツールを使用しても復号ができないため、ファイル持ち出し時のセキュリティをさらに強化していただけます。

その他改善点

  • ソフトウェア配布で、配布対象のアプリケーションをグループ分けして管理可能に
  • プル型ソフトウェア配布※1で、配布対象のアプリケーション名が別途設定可能に
  • インターネット経由でMac端末の資産情報・ログ収集が可能に
  • WindowsのOSサービスオプションをPCごとに資産情報として収集、自動更新における設定の把握に
  • アプリケーション一覧の実行ファイル情報に「ファイルパス」「データ取得日」を追加
  • 「通信デバイス使用」アラートで登録可能な許可アクセスポイントの件数を拡張
  • メールサーバーへの接続方式がSMTPSの場合でもアラートメール送信が可能に
  • ファイル操作ログの収集除外設定がアプリケーション単位で可能に
  • リモート操作などの通信が正常に行えるか、管理機からPCごとの通信状況を確認可能に
  • サーバー移行時の資産情報・ログなどのバックアップを一括で行うツールを提供
  • サーバー移行時にPCからのデータアップロードを一時的に抑止可能に
  • 「インストーラー作成ツール」によるインストーラー生成時間を短縮 など

※1 サーバーに登録されている配布対象アプリケーションを、クライアントPC側からダウンロードしてインストールできる機能です。

Ver.13は2018年3月リリース予定です。
現在のバージョンについては以下をご参照ください。

Ver.12 機能

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み