最新バージョンの新機能はこちら

セキュリティ管理

セキュリティ対策の適切な運用をサポート

社内ポリシーにそって不適切な操作を制限、
ユーザーの情報セキュリティ意識向上に

業務と関係ないアプリケーションの使用や、Webサイトへの書き込みなど、組織のセキュリティポリシーに違反する行為に対して、注意表示(アラート)メッセージを通知したり、操作そのものを禁止するように設定できます。ポリシーに反する行為が行われたPCの画面を、自動的に録画することも可能です。

設定可能なポリシーの一例
  • 許可していないアプリケーションのインストール制限
  • 業務外アプリケーションの実行制限
  • 禁止ファイルのPCへの持ち込み制限
  • 外出先でのネットワーク使用制限
  • USBメモリの使用 / 書き込み制限
  • 特定フォルダへのアクセス時にアラート検知
  • 許可したIPアドレス以外への通信時にアラート検知
  • 大量印刷を行ったPCにメッセージ表示
  • 不許可端末遮断オプション[LT/500]
  • メール送信できる宛先を制限オプション[LT/500]特許第5481683号
  • 特定Webサイトの閲覧 / 書き込み制限
  • Administrator権限でのログインを制限
  • 指定したファイルの操作をアラート検知
  • 指定したURL以外へのWebアップロード制限

その他のバージョン

ページのトップへ