システム構成

クライアントPCを管理する基本的なサーバー構成

  • 画面操作録画機能<オプション(Pro / Ent / 500 / LT / ST)>をご利用の場合は、録画データをログデータとは別のサーバーに保存可能です。それぞれ別々に保存することで、サーバーの負荷を分散することができます。
  • 以下の条件でのみマスターサーバー・データサーバー・ログ解析サーバーと同居可能です。端末台数1000台以下、ログデータWeb閲覧機能へのログオンは同時に1ユーザーまで(ログ検索件数の上限は50000件に制限されます)、スペックは、技術資料ダウンロードの技術資料「システム構成」に準じます。上記以外の場合は、マスターサーバーのほか、 SKYSEA Client Viewのほかのサーバー機能との同居不可。専用のサーバー機が必要です。

マスターサーバー、データサーバーを分離して
大規模環境に適応※1(管理対象PC1,001台から)

  • 大規模環境での運用の際は、複数台のマスターサーバー、データサーバーを設置して、1台のサーバーで運用する場合と同様に管理できます。※2
  • 詳しいサーバー構成については、技術資料の「システム構成」をご覧ください。
  • マスターサーバー、データーサーバーともに、1台あたり5,000クライアントまで管理できます。画面操作録画機能<オプション(Pro / Ent / 500 / LT / ST)>でクライアントの常時録画を行う場合は、データーサーバー1台あたり150クライアントまでとなります。syslog送信機能<オプション(500 / LT / ST)>をご利用の場合は、データーサーバー1台あたり3,000クライアントまでとなります。

HTTPを利用し、インターネット経由で資産情報、ログデータを管理する構成

  • HTTPゲートウェイサーバー1台につきインターネット接続する端末5000台まで管理することができます。HTTPゲートウェイサーバーのマシンスペックについては、技術資料の「システム構成」をご確認ください。HTTPゲートウェイサーバーは、Windows ServerとLinux Serverに対応しています。対応OSの詳細は、技術資料の「OS 対応表」をご確認ください。

HTTPを利用して、インターネット経由で残業申請の承認を行う構成

  • スマートフォンのWebブラウザから残業申請に対する承認/拒否を行うことができます。インターネット経由でアクセスするためにリバースプロキシサーバーなどが必要となります。

IT資産の利用状況を管理するためのオプション構成オプション(LT / ST)

  • クライアントPCやソフトウェアなどのIT資産の利用申請および承認のワークフローを、Webシステムで運用する「申請・承認ワークフローシステム」オプションのための構成です。Webシステム専用のサーバーを設置します。

サーバーのアクセスログ・イベントログを
収集するためのオプション構成オプション(Pro / Ent / ST / LT)

  • 既設サーバーにSKYSEA Client Viewの監査モジュールをインストールし、サーバーのアクセスログやイベントログを収集するための構成です。SKYSEA Client Viewで監査を実施するすべてのサーバーにモジュールをインストールします。

iPhone / iPadの運用を管理するためのオプション構成※1オプション(Pro / Ent / ST / LT)

  • 「SKYSEA Client View for MDM」でiPhone / iPadの運用管理を実現するためのシステム構成です。社内外にあるiPhone / iPadとの通信を行うためのサーバーやデータを中継するサーバーを設置します。また、サーバーからiPhone / iPadに対する資産情報収集や、リモート制御通知などを行うために、Appleプッシュ通知サービス※2を利用します。
  • iPhone / iPadの運用を管理するためのオプション構成について、制限事項があります。詳しくは、制限事項の「SKYSEA Client View for MDMのご利用について」をご覧ください。
  • Appleプッシュ通知サービス(APNS)をご利用いただくには、事前にAPNS証明書を取得していただく必要があります。取得には、Apple IDが必要になります。また、APNS証明書は、年に1度更新が必要です。

サーバーベース方式・仮想PC方式の
シンクライアント環境の運用管理にも対応オプション(Pro / Ent / ST / LT)

  • シンクライアント環境でも、操作ログの収集やセキュリティポリシーに沿った注意表示(アラート)が設定できます。また、仮想PC方式の場合は資産管理にも対応し、物理PCと仮想PCが混在する環境でもクライアントに関する情報が一元管理できます。

アプライアンスプラットフォーム装置を利用した構成
「アイ・オー・データ機器社製 APX-SCVF2D」(管理対象PC20台まで※1※2

  • 「APX-SCVF2D」を使用することで、サーバー機を導入せずに、クライアントPCの制限や操作ログ収集、USBデバイス、ソフトウェア資産の管理が可能となり、小規模な環境でも情報漏洩対策やIT資産の有効活用が容易に行えます。
  • アイ・オー・データ機器社製「APX-SCVF2D」以外のNASをご利用の場合、SKYSEA Client Viewの専用サーバーとしてだけでなく、NASとしても利用するときは、50台以下でNASの推奨台数を上限とします。
  • 「APX-SCVF2D」は受注生産となっているため、場合によって納品までに2~3か月を要することがあります。ご購入を希望される場合は、事前にSky株式会社までご連絡ください。

物理サーバーを使わない環境でも情報漏洩対策、IT資産管理が可能に

  • SKYSEA Client Viewの各種サーバーをクラウド上に構築できます。物理サーバーの購入が不要なため、初期コストを抑えて導入できます。インターネット経由でのIT資産管理、ログ収集、ソフトウェア配布が可能です。
トップページ戻る
ページの先頭へ

SKYSEA Client View は
"企業・団体"のお客様向け商品です

お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み

インフォメーションダイヤル 受付 9:30~17:30

・企業名、本社代表番号などをお答えいただけない場合、ご利用いただけません。

・法人以外の方からのお問い合わせには対応いたしかねます。

03-5860-2622 東京

06-4807-6382 大阪

土日祝ならびに弊社の定める休業日を除く平日