セキュリティ管理│注意表示(アラート)設定 / 通知

セキュリティ対策の適切な運用をサポート

注意表示(アラート)設定

チェックを入れるだけの簡単設定で操作を制限

項目ごとにチェックを入れるだけで、ユーザーの操作を制限できます。一方的に禁止するだけではなく、アラートでユーザーに注意を促すこともできます。また、適用の範囲は部署やクライアントPCごとに指定でき、柔軟な運用が可能です。

ユーザーごとの設定も可能
ログオンユーザーごとにアラート設定することもでき、共有PCなどに対しても、適切に制限することが可能です。

注意表示(アラート)が発生した経緯を確認したい

クライアントPCのプロパティで詳細を確認 関連特許取得

アラートが発生したクライアントPCは、管理画面上で強調表示されます。クライアントPCのプロパティで警告内容が確認できるほか、デスクトップ画像で視覚的に確認できます。また、アラート発生の前後5分のログをワンクリックで表示することもできます。

注意表示通知

画面に注意表示(アラート)をメッセージで表示

クライアントPCでアラート設定された操作が行われたとき、利用者本人の画面にメッセージを表示することができます。「なぜこの操作がいけなかったのか」を伝えることで、利用者の意識向上と不注意による事故を防ぐことができます。

注意の通知方法
  • 画面にメッセージを表示(ポップアップ通知)
  • アラートログ出力による通知
  • アラート端末へのリスト化
  • メールによる通知

ユーザーアラート設定

利用者(ログオンユーザー)ごとの注意表示(アラート)設定でより柔軟にセキュリティポリシーを運用

クライアントPCを共有している場合やシンクライアント環境で作業を行うなど、クライアントPCに対するアラート設定より、利用者であるログオンユーザーに重点を置いた設定が求められる場合があります。本機能は、利用者ごとにポリシーを設定することができるので、さまざまな利用シーンに合わせて柔軟なポリシー運用が可能です。

必要な項目だけを選んでユーザーアラートを設定
ユーザーデスクトップビューから右クリックで設定画面へ。チェックを入れた項目だけがログオンユーザーごとの制限としてアラート設定できます。
  • ユーザーを選んで右クリックで設定画面を呼び出せる
    ユーザーを選択して設定画面が呼び出せるので、手早く設定することができます。
  • チェックを入れた項目を設定するだけでOK
    ユーザー別に設定したい項目だけをチェックし、設定できます。設定しない項目は端末アラートの設定に従います。
端末アラートとユーザーアラートの関係
各種アラートの設定は、端末アラートが基本となります。特にユーザー別にアラート設定の有効 / 無効を行いたい場合は、あらかじめユーザーアラートを優先する設定を行うことで、個別設定を適用することができます。
ユーザーアラートで制限できる設定項目
アプリケーション
ウィンドウタイトル
アプリケーション実行
禁止アプリケーションの名前変更
業務外アプリケーション実行
レジストリ変更
インストール
システム構成変更
ファイル操作
CSVファイル出力
規定時間外端末機操作
特定フォルダアクセス
共有フォルダ書き込み
カスタマイズ
禁止ファイル持ち込み
実行ファイル不正操作
記憶媒体使用
記憶媒体使用(棚卸期間超過)
BitLocker To Goで保護されていない記憶媒体使用
記憶媒体書き込み
USBデバイスによる不正ファイル持ち込み
その他
Webダウンロード
FTPダウンロード
Webアップロード
FTPアップロード
Web閲覧
掲示板 / Webメール書き込み
USBメモリによるコンピューター使用制限

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ

SKYSEA Client View は
"企業・団体"のお客様向け商品です

インフォメーションダイヤル 受付 9:30~17:30

・企業名、本社代表番号などをお答えいただけない場合、ご利用いただけません。

・法人以外の方からのお問い合わせには対応いたしかねます。

03-5860-2622 東京

06-4807-6382 大阪

土日祝ならびに弊社の定める休業日を除く平日