デバイス管理│デバイス使用制限設定

情報の出入り口、各種デバイスを徹底管理

USBデバイス使用制限設定

柔軟な制限設定で実運用に合った管理

一つひとつのUSBデバイスに対して、部署別やユーザー別に使用制限を設定できます。使用期間を指定して一時的に使用することも可能で、柔軟に運用いただけます。

複数部署で管理 部署ごとで制限を設定
USBデバイス複数部署管理設定
1つのUSBデバイスに対して管理部署を複数登録し、部署ごとに異なる使用制限を設定できます。
ユーザー別USBデバイス使用制限
共有のUSBデバイスでもユーザーごとに制限を設定
部署内で共有しているなど、複数のユーザーが使用するUSBデバイスは、同じUSBデバイスでも、ユーザーごとに異なる使用制限を設定できます。
USBデバイス管理者承認
必要なときだけ使用したい場合、各部署で使用可否を管理
一時的にUSBデバイスを使用したいときに、管理職の方がクライアントPCの専用の認可画面でUSBデバイスの使用を許可できます。
不正ファイル持ち込み制限 特許取得
外部から不正ファイルを持ち込まれても自動的に使用禁止
社外で追加・変更されたファイルを、USBデバイスで社内に持ち込もうとした場合、自動的にUSBデバイスの使用制限ができます。※シリアルナンバー等の機器情報が取得できるUSBデバイスに限ります。

記憶媒体への書き込みを制限

記憶媒体への書き込みを把握して適切に管理

USBメモリなどの外部デバイスや、CD / DVDドライブなどの内蔵デバイスでの、ファイル書き込みをアラート設定でき、情報の持ち出しを適切に管理することができます。
※Mac端末では、CD / DVD / Blu-rayドライブへの「記憶媒体書き込み」制限はできません。
またブランクディスクを挿入した場合は、「記憶媒体使用」制限もできません。

社内にあるUSBメモリを、セキュリティ強化に活用したい

USBメモリによるPC使用制限

USBメモリを、PC使用の「鍵」として活用

Windowsのログオン後、認証用に設定されたUSBメモリを接続しなければ、PCを使用できないよう制限することができます。既存の認証システムと併せ、セキュリティ強化にお役立ていただけます。
※シリアルナンバー等の機器情報が取得できるUSBデバイスに限ります。

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み