最新バージョンの主な機能はこちら

ソフトウェア資産管理(SAM)

IT資産の適切な管理と有効活用を実現

利用申請・承認・移動・廃棄など、管理の流れにそった各種機能でソフトウェア資産管理(SAM)を支援します。

SAM構築に欠かせない管理台帳を完備し、ソフトウェア資産の適切な管理を支援します。Webシステムを使用して利用申請や承認などの手続きを行うと、自動的に台帳上の管理情報に反映されるなど、運用しながら管理できる仕組みで管理負担を軽減します。

【1】 運用ルール策定 資産台帳の整備
管理対象ソフトウェアの策定 「標準ソフトウェア」や「利用禁止ソフトウェア」などのカテゴリに分類。台帳の作成・更新や、利用実態との突合(とつごう)※1にご活用いただけます。
管理台帳の整備 台帳画面を一新し、SAMの運用がさらに便利になりました。
資産情報の収集 管理対象となるコンピューターやソフトウェアの情報を自動収集します。
申請・承認システムの整備
<オプション(LT/ST)>
上記の突合(とつごう)※1結果をもとに、Web上でIT資産の利用申請・承認が行えます。
【2】 保有ライセンス情報の台帳への記録・管理
保有ライセンスの記録・割当 アップグレード・ダウングレードライセンスの管理、有効ライセンスの記録が行えます。突合(とつごう)※1によるライセンス割当作業の支援も可能です。
ライセンス部材の記録 ライセンス証書などに関する情報を記録できます。
【3】 ソフトウェアとライセンスの利用状況を台帳と照合
管理台帳の棚卸支援 台帳の記録と、資産管理機能で収集した組織内のIT資産情報を突合(とつごう)※1し、齟齬(そご)※2を抽出。日々の台帳更新や、定期的な棚卸作業に必要な情報がひと目でわかります。
【4】 棚卸結果を踏まえて台帳を更新
管理台帳の更新履歴保存・閲覧 台帳の更新履歴は、保存・閲覧できます。棚卸時の台帳更新の後追いや、内部監査などでお役立ていただけます。
※1 突合(とつごう):SAMにおいて、ソフトウェア利用状況や保有ライセンス数と、台帳の記録を照合すること。 ※2 齟齬(そご):SAMにおいて、突合(※1)によって明確になった相違点。
ソフトウェア資産管理(SAM)の目的
ソフトウェア資産管理(SAM:Software Asset Management)とは、事前に構築された綿密なガイドライン・管理体制のもと、企業内のソフトウェア資産をPDCAサイクルによって有効的に管理・制御・保護することで、情報セキュリティの強化、IT資産の最適化、ライセンスコンプライアンスの向上等を図る取り組みを指します。このSAMを規格化したISO / IEC19770-1:2006が、ソフトウェア資産管理にあたっての国際的な基準とされています。
SAM構築に必要な管理台帳を完備
ソフトウェア資産管理(SAM)に必要な管理台帳で、より詳細にライセンス管理を行うことができます。
ソフトウェアメーカーによる監査への対応など、国際規格(ISO/IEC19770-1:2006)などに準拠した適切なSAM計画を支援します。
ハードウェア一覧
クライアントPCやネットワーク機器など、組織内のハードウェアに関する各種情報を管理します。

アプリケーション一覧
組織内で利用されているソフトウェアの各種情報を管理します。管理すべきソフトウェアのカテゴリ分けも行えます。

保有ライセンス台帳
組織で保有されているライセンスの各種情報を管理する台帳です。ライセンス証書単位、1ライセンス単位での管理が可能です。

部材情報に「部材No」「部材管理番号」追加

保有ライセンス台帳上で、部材情報(「部材No.」「部材管理番号」)が確認できるようになりました。
部材台帳
ソフトウェアライセンスの使用許諾条件を満たすために必要な部材(ライセンス関連部材)の情報を管理する台帳です。

導入ソフトウェア台帳

ソフトウェアがどの端末にインストールされ、各端末にどのライセンスが割り当てられているかを記録、管理する台帳です。台帳上の記録と、自動収集されたIT資産情報を突合※1し、齟齬※2を抽出して表示。棚卸などに活用できます。

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み