機能

M1 Cloud Editionでは、IT運用管理ツールを初めて利用される方が機能が多くて操作に迷うことがないように、日々の管理業務に必要な基本的な機能を、厳選して搭載しています。

資産管理

日々変動するIT資産情報を自動収集 資産最適化や脆弱性対策をサポート

ソフトウェアのアップデート漏れがないかをすぐさま確認

組織で利用しているPCとインストールしているソフトウェアを一元管理できます。OSやソフトウェアのバージョンも確認でき、脆弱性を伴う古いバージョンのソフトウェアをすぐさま把握、その後の対応につなげられます。

更新プログラムを各PCへ一斉配布し、アップデートを迅速に

PCへソフトウェアを配布し、インストールできます。ウイルス対策ソフトウェアなど利用必須のソフトウェアをインストールしたり、更新プログラムを配布してアップデートすることができます。

ログ管理

日々のPCの挙動をログとして管理 リスクの発見やトラブル発生時の調査に活用

重要なデータが不正に扱われていないかをチェック

日々のPC操作をログとして記録し、検索・確認できます。例えば、重要なデータに対してリスクを伴う操作が行われていないかを確認したり、万が一のトラブル発生時に原因を調査することができます。

PCの稼働状況から労働時間や働き方を調査

PCの稼働状況もログから確認可能。例えば、業務時間内にログオフが続いているPCがないかをチェックしたり、深夜や休日の稼働状況を確認することでサービス残業が行われていないかを調査することができます。

アラート

組織のポリシーに反するPC操作をアラート検知 リスクを伴う状況を早期に把握

不正操作に対して注意喚起、操作自体を禁止することも

業務に関係ないソフトウェアの使用など、組織のポリシーに反する操作が行われた際にアラート検知。ユーザーにポップアップで注意喚起し、管理者にもリアルタイムで通知します。操作自体を禁止することも可能です。

アラートの活用例

業務に関係ないWebサイトの閲覧を禁止

指定したWebサイトの閲覧を禁止できます。例えば、業務に関係ない動画サイトの閲覧を禁止したり、書き込みによる情報漏洩を防ぐため、掲示板やSNSの閲覧を禁止するといった運用が行えます。


情報漏洩につながるデータのアップロードを禁止

オンラインストレージへのアップロードやWebメールのファイル添付など、Web上へのアップロード操作を禁止し、情報漏洩を防ぎます。

デバイス管理

USBデバイスを適切に管理 細やかな使用制限で情報漏洩を抑止

USBデバイスの機器情報や利用状況をまとめて管理

USBデバイスの情報を台帳に登録し、管理できます。USBデバイス名やシリアルNoといった機器情報から、最終使用ユーザーなどの利用状況に関する情報まで一元的に管理可能です。

必要に応じてUSBデバイスの使用制限を柔軟に設定

USBデバイスごとに「使用可能」「読み取り専用」「使用不可能」といった使用制限が設定可能。機密情報の不正な持ち出しや組織外からの不要ファイルの持ち込みを防ぐために、USBデバイスの使用を一律禁止し、必要に応じて特定のUSBデバイスのみ許可するといった運用が行えます。

機能一覧

機能名 内容
資産管理 ハードウェア一覧 コンピューター名やメモリサイズ、HDDの暗号化状態など、PCのハードウェアに関する情報を表示
アプリケーション一覧 Microsoft Officeやウイルス対策ソフトウェア、Windows更新プログラムなど、各種ソフトウェアのインストール状況・更新状況を表示
ソフトウェア配布 指定したPCやグループへソフトウェアを配布・自動インストール
※ 配布登録できるソフトウェアの合計サイズの上限は20GBです。
Windows更新プログラム配布 Windows更新プログラムやセキュリティ更新プログラムを配布し、インストール
CSVファイル出力 収集した資産情報をCSVファイルで出力、組織ごとの資産管理台帳の作成などに活用
ログ管理 ログ収集 電源ON / OFFやファイルコピー、印刷やWeb閲覧などのPC操作を記録・収集
ログ閲覧 収集したログの中から、複数条件を指定し抽出、閲覧
CSVファイル出力 任意のログをCSVファイルで出力、統合ログ管理システムなどで活用
ログデータのバックアップ 収集したログはクラウド上に1年間保存、1か月単位でCSVファイルとして出力可能
アラート アラート端末表示 管理画面上でアラートを通知、PCの不正操作や誤操作を早期把握
端末未起動 指定した期間起動されていないPCを検知、余剰資産削減の検討などに活用
ウィンドウタイトル 指定したキーワードを含むウィンドウタイトルがアクティブな状態になった際に検知
アプリケーション実行 特定のアプリケーションが実行された際に検知、業務に関係ないアプリケーションの使用抑止に
Web閲覧 指定したタイトルやURLのWebサイトが閲覧されると検知、業務に関係ない閲覧を制限
Webダウンロード / アップロード ファイルのダウンロードやアップロードを検知、マルウェア感染や情報漏洩のリスクを軽減
デバイス管理 デバイス台帳登録 専用ツールを用いて、USBデバイスを手軽に台帳登録
デバイス種別 / 部署別制限 使用可能 / 読み取り専用 / 使用不可能といったデバイス種別の使用制限を部署ごとに割り当て
記憶媒体使用 / 書き込みアラート USBデバイスの使用や書き込みが行われた際にアラート検知
その他 部署情報付きインストーラー作成 部署情報を自動で設定するインストーラーの作成が可能
  • 「SKYSEA Client View Cloud Edition」についてお問い合わせいただく際は、
    「お問い合わせ」にチェックを入れ、自由記述欄にその旨をご記入ください。
ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ