• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

組織におけるスマートフォン管理とは

アプリケーション管理でウイルス対策

オフィスでの利用が中心となるPCとは違い、持ち運びが容易なスマートフォンの利用は社外にも及びます。そのため、スマートフォン管理を行う情報システム管理者が目の届かないところでの利用が必然的に多くなり、管理が難しくなります。

特に、スマートフォンの使用者が、個人の判断でマーケットからアプリケーションをダウンロードする場合、組織が許可していないアプリケーションのダウンロードは、ウイルス感染やマルウェアの攻撃を受けるリスクを高めることになります。スマートフォン管理を徹底し、有害なマルウェアのダウンロードを食い止めるためにも、スマートフォンへのウイルス対策ソフトウェアのインストール、パターンファイルの更新などは必須です。パターンファイルの更新は、スマートフォンの使用者に任せることになるため、スマートフォン管理を行う情報システム担当者は、間違いなく更新されているかを管理しなければなりません。

スマートフォン管理を行うなかで、これらスマートフォンにインストールされているアプリケーションの状況を、正確に把握することは難しく、また手間もかかります。そこでAndroid OS搭載端末などのスマートフォンのセキュリティ確保と、適切な管理にMDM(Mobile Device Management)製品の役割が、スマートフォン管理を行う上でクローズアップされています。

MDM製品を導入してスマートフォン管理に努めることで、組織で管理されているスマートフォンにウイルス対策ソフトウェアや業務用アプリケーションなど、必要なアプリケーションがインストールされているか、また業務に必要ないゲームなどのアプリケーションがインストールされていないかなどを容易に確認することできます。また、製品によってはスマートフォンで使用できるアプリケーションを制限する機能を備えたものもあり、情報システム管理者によるスマートフォン管理をしっかりとサポートしてくれます。

「SKYSEA Client View」では、スマートフォンのアプリケーションインストール状況を確認できると同時に、アプリケーションのインストール・アンインストールを端末に対して要求したり、使用自体を制限したりすることもでき、スマートフォン管理をトータルで支援するツールとしてお役立ていただけます。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み