• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

SKYSEA Client Viewなら、情報管理の徹底をはかる、IT運用管理を支援することができます。

SKYSEA Client Viewは、IT資産管理機能をはじめ、ソフトウェア資産管理(SAM)、操作ログの管理機能、USBメモリを含む各種デバイスの管理機能等、情報セキュリティ対策の支援やIT運用管理に必要な機能をオールインワンで搭載しています。

「ヒヤリ」を予防するためのキーワード別コンテンツ

情報セキュリティ対策

情報セキュリティ対策とは、IT資産利用状況を正確に把握し、あらゆるケースを予測した施策を行うことです。情報漏洩事故の約8割が「管理ミス」や「誤操作」などの内的要因であることから、セキュリティポリシー遵守を促し、業務効率を下げることなく、情報を適切に取り扱える仕組みづくりが必要です。

情報セキュリティ対策

IT資産管理とは、社内にあるPCやプリンタをはじめとするハードウェアやソフトウェアなどの情報を把握し、適切に運用されるよう管理することです。ネットワーク機器なども含めると、台帳管理などに大きな工数がかかることもありますが、コスト削減やリスク管理の意味でも大変重要な業務です。

ソフトウェア資産管理(SAM)

ソフトウェア資産管理(SAM:Software Asset Management)とは、ソフトウェアの使用ライセンスを管理するだけではなく、実際に使用されるPCや関連部材も含めて一括管理するための管理プロセスです。無形資産であるソフトウェアを管理するためには、管理ツールを活用した綿密な管理体制づくりが欠かせません。

デバイス管理

デバイス管理とは、USBメモリやCD / DVD / Blu-rayなどの各種ドライブといったUSBデバイスの利用状況を把握し、使用制限などの施策を行うことで管理を徹底することです。USBデバイスは、データが手軽に持ち運べるという利便性の反面、紛失などのリスクも高いため、利用者の管理意識を高めることが大切です。

操作ログ管理

操作ログ管理とは、クライアントPCの操作記録(操作ログ)利用状況を把握することです。操作ログは、万が一、情報漏洩やウイルス感染などのトラブルが発生した場合に、その原因を特定して再発防止に活かせるだけではなく、早期にリスクを発見してトラブルを未然に防ぐためにも欠かせない情報となります。

メンテナンス

メンテナンス機能を活用することで、クライアントPCのトラブル発生時の対応や管理作業が効率化できます。PCにトラブルがあると業務効率に直結するため、トラブルを防ぐための日々のメンテナンスや、トラブル時の問題解決が、迅速に行える管理体制の構築が必要です。

スマートフォン管理

スマートフォン管理とは、ビジネスシーンでの活用が進むスマートフォンやタブレット端末を管理することです。Android OS搭載端末をはじめとするこれらスマートデバイスは屋外で利用することも多いため、情報セキュリティの観点から、利用状況を把握することや盗難・紛失への対策が欠かせません。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み