• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許
藤原竜也さん

SKYSEA Client View リスクの発見とIT運用管理を支援します。

SKYSEA Client Viewは、クライアントPCをはじめ、さまざまなIT機器やソフトウェア資産を一元管理することで運用管理を支援し、より安全な情報漏洩対策やIT資産の有効活用をお手伝いするソフトウェアです。

特長1:毎年バージョンアップ

毎年のバージョンアップでお客様の声を取り入れ、進化を続けます

お客様の声に磨かれ、常に改善を図るため、SKYSEA Client Viewは誕生以来、毎年定期的なバージョンアップを重ねています。IT環境の変化にいち早く対応し、さらに使いやすい商品を目指して、今後もバージョンアップ・進化を続けます。

導入クライアント数とユーザー数の推移

特長2:使いやすい

わかりやすい操作画面と運用しやすい設計で、日々の管理業務をサポートします。

大きなアイコンや機能ガイドで、目的の機能がひと目でわかるよう構成された管理画面。また、複数台のマスターサーバーで運用する場合でも、連動して検索したり、過去の操作ログもリストア(復元)せずに利用できるなど、「使いやすさ」にこだわった設計を大切にしています。

コンソール画面
POINT:大きなアイコンと整理されたメニューでわかりやすい。過去データの利用や複数サーバーでの運用もしやすい設計
なぜ「使いやすさ」が大切なのか?

日常的に使用する業務ツールの操作が煩雑であれば、作業効率が上がりません。また「使いやすさ」は、管理担当者が交代することがあっても、引き続きご活用いただくためにも大切な要件の一つです。

メニュー画面比較イメージ

特長3:オールインワン

IT運用管理に必要な機能を標準装備。 わざわざツールを使い分ける必要がありません。

操作ログ管理や、セキュリティポリシーの運用、IT資産管理など、基本的な運用管理機能だけではなく、傾向を把握するためのレポートや、クライアントPCのメンテナンスまで、安全で最適な運用を支援する機能を搭載しています。

POINT:すべての機能を一つの管理画面から利用できる。データを共有し、機能を連動させることで活用の幅が広がる。
なぜ「オールインワン」が大切なのか?

操作ログ管理やIT資産管理といった業務において、それぞれ別のツールを利用されているケースが多くあります。しかし、操作ログで利用状況を把握することと、資産管理機能でクライアントPCの状態を知ることは、一連の管理業務といえます。利用状況を把握した上で、適切な利用を促したり制限を設定し直したり、また、必要に応じてメンテナンスを行うなど、一つのツールで管理することで業務効率の向上が期待できます。

特長4:一元管理

スマートフォンやソフトウェアライセンスなど、多角的に情報を連動させ、活用の幅が広がります。

情報システム部門が担当する管理対象は、サーバーやクライアントPCだけではありません。プリンターやHUBなどのネットワーク機器やUSBデバイス、スマートフォンなど多岐にわたります。これらを一つのツールで管理することで効率的な管理を実現します。

POINT:多くのIT機器やソフトウェアをまとめて管理できる。機器情報や利用状況をユーザーごとに確認できる。
なぜ「一元管理」が大切なのか?

例えば、サーバー内の機密情報にアクセスし、クライアントPCを経由して、スマートフォンやUSBメモリなどにコピーして情報を持ち出すといったケースが発生した場合、もし別々のツールで管理されていると、情報の動きが断片的にしかわかりません。すべての機器が一元管理されていることで、情報を連動させて、追跡調査することも可能になり、より効率的かつ安全に管理できるようになります。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み