藤原竜也さん

IT運用管理と
リスクの発見を支援します。

標的型攻撃やランサムウェアの被害は、情報漏洩にとどまらず
事業継続に大きな影響を及ぼす可能性さえあります。
SKYSEA Client Viewは、これらの脅威の対策強化を支援します。

特長1
毎年バージョンアップ

毎年のバージョンアップでお客様の声を取り入れ、進化を続けます。

お客様の声に磨かれ、常に改善を図るため、SKYSEA Client Viewは誕生以来、毎年定期的なバージョンアップを重ねています。IT環境の変化にいち早く対応し、さらに使いやすい商品を目指して、今後もバージョンアップ・進化を続けます。

導入クライアント数とユーザー数の推移

特長2
サイバー攻撃対策支援

組織の重要データを守るためにサイバー攻撃へのリスク対策を支援します。

SKYSEA Client Viewでは、標的型攻撃やランサムウェアなどの状況把握を含めたリスク対策や、マイナンバーなどの重要データの情報漏洩対策を支援する機能をご用意しています。重要データへのアクセス状況や、組織のIT資産の利用状況を把握することで、適切な対策の実施にお役立ていただけます。

特長3
使いやすい

わかりやすい操作画面と運用しやすい設計で、日々の管理業務をサポートします。

大きなアイコンや機能ガイドで、目的の機能がひと目でわかるよう構成された管理画面。また、複数台のマスターサーバーで運用する場合でも、連動して検索したり、過去の操作ログもリストア(復元)せずに利用できるなど、「使いやすさ」にこだわった設計を大切にしています。

コンソール画面
  • 大きなアイコンと整理されたメニューでわかりやすい。
  • 過去データの利用や複数サーバーでの運用もしやすい設計。

なぜ「使いやすさ」が大切なのか?

日常的に使用する業務ツールの操作が煩雑であれば、作業効率が上がりません。また「使いやすさ」は、管理担当者が交代することがあっても、引き続きご活用いただくためにも大切な要件の一つです。

メニュー画面比較イメージ

特長4
一元管理

スマートフォンやソフトウェアライセンスなど、
多角的に情報を連動させ、活用の幅が広がります。

情報システム部門が担当する管理対象は、サーバーやクライアントPCだけではありません。プリンターやHUBなどのネットワーク機器やUSBデバイス、スマートフォンなど多岐にわたります。これらを一つのツールで管理することで効率的な管理を実現します。

  • 多くのIT機器やソフトウェアをまとめて管理できる。
  • 機器情報や利用状況をユーザーごとに確認できる。

なぜ「一元管理」が大切なのか?

例えば、サーバー内の機密情報にアクセスし、クライアントPCを経由して、スマートフォンやUSBメモリなどにコピーして情報を持ち出すといったケースが発生した場合、もし別々のツールで管理されていると、情報の動きが断片的にしかわかりません。すべての機器が一元管理されていることで、情報を連動させて、追跡調査することも可能になり、より効率的かつ安全に管理できるようになります。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み