• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

「使いやすさ」をもっと知る

  • 目的別に整理された運用管理メニュー
  • 表示切り替えで端末の状態がひと目でわかる
  • 注意が必要な端末を見逃さない強調表示
  • 運用管理しやすいさまざまな仕組み

注意が必要な端末を見逃さない強調表示

「すばやく端末の状態が確認できるプロパティ画面」

クライアントPCで、事前にアラート設定したセキュリティポリシーに反する操作が行われた場合、端末アイコンが強調表示されます。端末アイコンをダブルクリックすると表示されるプロパティ画面では、アラート発生時の画面や違反操作の内容がすぐに確認できます。また、アラート発生時の前後5分の操作ログをワンタッチで検索。注意が必要な端末を見つけて確認できます。

端末機プロパティ画面

アラートが発生したPCの詳細情報を確認。アラート発生時のデスクトップの状況や、操作ログをチェックできます。

マウスカーソルの周囲が強調されるので、利用者の操作がより的確に把握できます。
※「マウスカーソルの位置を強調表示する」にチェックが入っている場合のみ

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み