• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

「使いやすさ」をもっと知る

  • 目的別に整理された運用管理メニュー
  • 表示切り替えで端末の状態がひと目でわかる
  • 注意が必要な端末を見逃さない強調表示
  • 運用管理しやすいさまざまな仕組み

運用管理しやすいさまざまな仕組み

ネットワークに負荷をかけない柔軟な帯域制限

SKYSEA Client Viewで使用するネットワーク通信帯域は、サーバー通信帯域設定ツールを活用することで、上限設定が可能。 接続先や時間帯ごとの個別設定ができるので、ネットワークの負荷を用途別に調整できます。

複数の資産情報を連動させ効率よく管理できる「エンタープライズモード」

情報セキュリティ対策ソフトウェアを使い慣れた管理者向けに、複数の機能を同時に活用できる管理画面をご用意。少ない手順で効率よく資産管理を行えます。クライアントPCのハードウェア情報やソフトウェア情報、ライセンス情報など、複数の資産情報を1画面で管理できます。

Intel® vPro™テクノロジー対応

Intel vProテクノロジー AMT6.0「KVMリモート制御機能」に対応しています。ブルースクリーン状態などで、OSが応答しない場合でもリモート操作が行えます。 OSの起動前にリモート操作ができるので、BIOSの設定も管理機から行え、より多目的にリモートメンテナンスが活用できます。

Active Directory® ユーザー連携

Active Directoryで管理されているユーザー情報を一括で取り込み、SKYSEA Client Viewと連携できます。ユーザーと端末を紐付ければ、ユーザー情報だけでなく端末の所属部署もActive Directoryと連携します。

仮想化環境対応

仮想化はサーバーの運用効率を高めるために有効な手段です。SKYSEA Client Viewは、仮想化環境においても、従来どおり運用いただけるよう、各種の仮想化システムに対応しています。
※ 対応している仮想化環境は、制限事項の「仮想化について」をご確認ください。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み