• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

お客様の声

No.116

受付窓口業務のシステム入れ替えと同時に導入。
セキュリティに関する職員の不安を解消できました。

  • 業種
  • 政府・官公庁・団体
  • 管理対象PC
  • 約50台
  • 関連キーワード
  • ・デバイス管理 ・セキュリティ管理 ・USBメモリを管理

▼ 導入のきっかけ

受付窓口業務のシステム入れ替えに伴い、現場レベルからセキュリティへの不安が出ていました。

導入当初は、受付窓口業務システムの入れ替えを行うところでした。入れ替えに際して、受付窓口の担当者から、「新規システムでは、データが汎用的に使用可能な形式で引き出せてしまうので、セキュリティ面が心配。何かよい対策案はないか」との相談を受けたのが、情報セキュリティ対策ソフトウェアを検討するきっかけでした。そこで販売会社に、条件に合うソフトウェアがないか相談したところ、他社製品とともに「SKYSEA Client View」を提案いただきました。両製品を担当者に比較してもらったのですが、ユーザー単位での使用制限やログの絞り込みが行える「SKYSEA Client View」の方が使いやすいとの意見もあり、導入を決めました。

▼ 導入後の効果

「デバイス管理」機能を活用し、USBメモリ使用のルールを徹底。データの持ち出し抑制につながっています。

新システムの導入にあたって、「SKYSEA Client View」があることで、データのセキュリティに関する不安は十分解消されたと思っています。加えて、現在は「デバイス管理」機能をUSBメモリの管理に役立てています。それまでは、必要時にUSBメモリで安易にデータを持ち出すことができていたのですが、新システムの導入後は、ファイルサーバーを設置してネットワーク上でのデータの受け渡しを基本とし、USBメモリの使用を極力減らすようにしました。加えて、「SKYSEA Client View」を活用して、許可したUSBメモリ5本以外の使用をアラート設定で制限しました。そして、許可したもの以外を使用したい場合は、管理者に依頼してもらうことにしました。こうした環境整備とルールの徹底が功を奏したのか、USBメモリによるデータの持ち出しを防ぐことができています。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み