• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

お客様の声

No.271

遠方に支社を設立したことがソフトウェア導入のきっかけです。
「リモート操作」機能の活用で離れた支社のサポートが楽に。

  • 業種
  • 商社・卸・小売
  • 管理対象PC
  • 約45台
  • 関連キーワード
  • ・メンテナンス ・リモート操作 ・社内ヘルプデスク

▼ 導入のきっかけ

遠方に支社を設立したので、離れた場所のPCをサポートする、クライアント運用管理ソフトウェアが必要になりました。

以前からIT資産や操作ログを収集する、クライアント運用管理ソフトウェアの導入を検討していました。今回、遠方に支社を設立したことで、離れた拠点のPCをメンテナンスする機能も必要になり、ソフトウェアの導入が決定的になりました。展示会に参加し、販売会社より数社の製品を紹介してもらいました。「SKYSEA Client View」は、デモを見たときに使いこなせそうだと感じ、ほかの製品を検討することなく、導入を決めました。

▼ 導入後の効果

「リモート操作」機能の活用でPC画面を見ながらサポートできます。離れた支社のPCでもメンテナンスが楽になりました。

導入前までは、離れた支社の社内ヘルプデスク業務は電話のみでの対応でした。しかし、問い合わせ先のPCの状態がわかりづらく、対応にも時間がかかっていました。「SKYSEA Client View」を導入した今は、「リモート操作」機能を活用することで、現地に行かなくても、離れた支社のPC画面を見ることができ、サポート対応がしやすくなっています。ほかにも、リモートでPCの電源を管理したり、ファイル共有ソフトウェアの使用を禁止したりするなど、活用の幅を広げています。また、保守契約ユーザー用Webサイトでは、「実行ファイル EXE名サンプル集」など、禁止対象とするファイル共有ソフトウェアの一覧がダウンロードできるので便利です。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み