• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

資産のセキュリティを効率的に高める! ~資産管理情報を活用した脆弱性ハンドリング~

ゲヒルン株式会社 技術開発部技術局
茨木 隆彰

神戸市立工業高等専門学校 電子工学科を卒業後、都内のベンチャー企業で通信キャリア向けのサービス開発に従事。2013年よりゲヒルン株式会社にジョイン、脆弱性管理サービスなどの開発責任者として設計・実装を担当。高専学生の社会経験をサポートする高専ベンチャーでは、技術顧問として開発のアドバイスをしている。
著書に工学社「はじめてのGo言語」など。

ゲヒルン株式会社

ゲヒルン株式会社様 ロゴ

ゲヒルンとは、ドイツ語で「頭脳」という意味です。私達は、お客様の頭脳となり、日本のインターネットサービスをより便利で安全にするために存在しています。「人と社会のために新たな価値を創造し続ける」を経営理念に掲げ、『防災』、『情報セキュリティ』、『インフラストラクチャ』の3つの分野で、日々研究開発を行っています。

このところ、オープンソース・ソフトウェアで深刻な問題が発見されて話題になるなど、「脆弱性」というワードを耳にすることが多くなりました。一方で、実務の中で脆弱性に対してどう立ち向かえばよいのかは、まだ十分には知られていないところかと思います。
そこで、本連載では脆弱性に対峙するための一つのアプローチとして、資産管理の情報を脆弱性情報と紐付けて一元的に管理する方法について紹介していきます。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み