• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

掲載日:2015/7/1

重要 対策済

【Ver.10.200.08f】一部のシリアル番号でマスターサーバーのアップデートに失敗する場合がある件

この度、以下の問題が発見されましたのでお知らせいたします。
ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

問題

一部のマスターサーバー用シリアル番号について、以下の二つの現象を確認しております。

・アップデート時に入力すると『シリアル番号が不正です。』と表示されアップデートが開始されない
→アップデートすることができないため、それ以上の影響はございません。

・アップデート後、WSUS連携機能等、一部の機能が利用できない
→以下の機能がご利用いただけない状態になっていることを確認いたしました。
 機能名称と併記しているボタン等の表示不良の有無で、本障害に該当するかご確認いただけます。

・WSUS連携(Ver.8.2〜)
「設定」→[WSUS連携]が非表示

・定期電源OFF(Ver.8.2〜)
「メンテナンス」→[定期電源OFF]が非表示

・インターネット経由での資産情報・ログ収集(Ver.8.2〜)
「設定」→[資産設定]→[共通設定]→「HTTPゲートウェイ設定」が非表示

・想定外TCP通信ログ(Ver.10.0〜)
「設定」→[ログ設定]→[通常ログ設定]→「収集するログの設定」→収集するログの選択部「想定外TCP通信」がグレーアウト

※上記機能のライセンスを持たない旧バージョンのシリアル番号(括弧内のバージョンより前のシリアル番号)をご利用の場合は、本障害の該当/非該当にかかわらず、表示されません。
アップデート前には表示されていたが、アップデートすることによって表示されなくなった、というのが該当するケースです。

対象バージョン

Ver.10.200.08f

※同バージョンの出荷を開始した2015年7月1日以降、新規にご購入いただいたお客様については、継続的にVer.10.200.08fをご利用いただくことに問題はございません。

また、Ver.10.200.08fにアップデートされたお客様についても、上記の現象が発生していない場合は、そのまま問題なくご利用いただけます。

※問題のあったVer.10.200.08fは、2015年7月1日 18時頃から一時的にダウンロードページの公開を停止しておりましたが、修正版のVer.10.201.03の提供開始とあわせて、2015年7月3日 11時半頃から公開を再開しております。

Ver.10.200.08fのアップデートモジュールは継続してダウンロードを停止しておりますが、問題なくご利用いただけているお客様が、同バージョン向けのツールをダウンロードしていただくことは可能です。

「Ver.10.2」のアップデートモジュールとしては、修正版の「Ver.10.201.03」をご利用ください。

対策

いずれの現象が発生している場合も、修正を行った「Ver.10.201.03」のアップデートモジュールをご利用いただくことで解決できることを確認しております。

SKYSEA Client View Ver.10.201.03 アップデートモジュールダウンロードページ

ご不明な点がございましたら、大変お手数ですが、弊社サポートの窓口までお問い合わせください。

ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み