• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

掲載日:2015/11/30

ウイルスバスター コーポレートエディション 11.0との競合事例について

この度、以下の問題が発見されましたのでお知らせいたします。

トレンドマイクロ社のウイルスバスターコーポレートエディション11.0の挙動監視機能を有効にしていると、SKYSEA Client Viewの常駐プロセスである「SKYSEAHS.exe」が停止する問題が発生することがわかりました。本事象の対処方法は、トレンドマイクロ社の下記のサイトにてご案内がございますので対象となるお客様につきましては、お手数ですがトレンドマイクロ社へのお問い合わせをお願いたします。

挙動監視サービス(tmbmsrv.exe)により,意図せず他のプロセスが終了される現象について

【補足】

(1)管理機 / 端末機では、プロセスが停止しても自動的に復旧される仕組みがございますので恒久的に停止した状態にはなりません。

(2)システム管理者様へメール通知する設定をおこなっているお客様につきましては、下記内容のメールが通知されます。


=====================
日時:2015/11/30 10:43:50
端末機No.:XXX
コンピューター名:XXX
ログオンアカウント:XXX
ログオンユーザー名:XXX

監視情報:プロセス停止(CtlCli.exe)
対応:停止されたプロセスの起動を行いました。
=====================

ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み