• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

掲載日:2016/9/8

重要 対策済

【Ver.11.001.05~11.100.04l】インストール時にプログラム互換性アシスタントの通知が表示される問題

この度、以下の問題が発見されましたのでお知らせいたします。
ご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。

問題

Windows 10 Version 1607(Windows 10 Anniversary Update)がプリインストールされた環境※に SKYSEA Client View を新規インストールした際、インストール完了後にプログラム互換性アシスタントの通知が表示され、一部機能が正しく動作しない状態となる問題を確認いたしました。

Windows 10 Anniversasry Update によりOS環境をアップデートした場合は該当しません

条件

  • SKYSEA Client View Ver.11.001.05 もしくはVer.11.100.04l
  • Windows 10 Version 1607(Anniversary Update でアップデートした場合を除く)
  • セキュアブート:有効

要因

Windows 10 Version 1607 のセキュアブートの動作仕様が変更されたことにより、マイクロソフト社の電子署名が付与されていないドライバーの起動ができなくなっておりました。SKYSEA Client View Ver.11.001.05 / 11.100.04l 環境におきましては、弊社の電子署名のみが付与された状態であるため、本問題が発生いたします。

※Ver.11.200.07n 以降は、マイクロソフト社の電子署名を付与するように変更しております

影響

以下のような影響がでる可能性がございます。

  • SKYSEA Client View のインストール時に、プログラム互換性アシスタントの通知が表示される

※画像は一部ドライバーに対するイメージです

  • 収集するログの設定において、以下の項目のログが収集できなくなる

アプリケーション
□OSからのアプリケーション起動要求でログを収集する(Ver.11.0以降)
□OSからのアプリケーション起動要求時にアラート判定する(Ver.11.0以降)


ファイル操作
□アプリケーション実行アラートの除外フォルダをファイル操作を検知する


メール
□添付ファイルのファイルパス(Gmail/Office 365/Outlook.comでのメール送信も対象)

対処方法

Windows 10 Version 1607(Windows 10 Anniversary Update)につきましては、本件の対応を含む Ver.11.220.05p アップデートモジュールの提供を開始しました。
SKYSEA Client View Ver.11.220.05p アップデートモジュール ダウンロードページ

ご迷惑をおかけし申し訳ございません。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み