• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

最新バージョンの動作環境はこちら

動作環境

管理機・端末機

CPU Intel® Pentium® III 866MHz 以上
メモリ 256MB以上※2
HDD 400MB以上の空きがあること※3
OS※1 Windows® 2000 Server SP4
Windows Server® 2003 Standard Edition SP1/SP2
Windows Server® 2003 Standard Edition R2/SP2
Windows Server® 2008 Standard Edition
Windows® 2000 Professional SP3/SP4
Windows® XP Professional SP1/SP2/SP3
Windows Vista® Business SPなし/SP1
Windows Vista® Enterprise SPなし/SP1
Windows Vista® Ultimate SPなし/SP1
ブラウザ Internet Explorer® 5.5 SP2以上
ログ解析クライアントの使用には、Internet Explorer® 6.0以上が必要です※4
ディスプレイ 1024x768 16Bit Color以上
ネットワーク 10Mbps以上の伝送速度を持つIPネットワーク※5
(使用ポート番号に関しては、技術資料「通信ポート番号一覧」をご覧ください)
※1)64bit版OSおよび日本語版以外のOSには、現在対応しておりません。
※2)端末機の台数増加に伴い、管理機で必要なメモリも増加します。
端末機が300台以上の場合、管理機には512MB以上のメモリが必要です。
256MBの場合、ログの『最大表示件数』を20000件以下に設定する必要があります。
それ以上の件数は、表示時間が非常に遅くなります。
※3)画面操作録画の録画時間によって異なります。
※4)セキュリティ設定の変更が必要です。
※5)「SKYSEA Client View 制限事項」をお読みください。また、無線LANについては、
  IEEE802.3a/g/nなど54Mbps以上の伝送規格が必要です。

サーバ(マスターサーバ・データサーバ)※1

CPU Intel® Pentium® 4 3GHz以上
メモリ
1GB以上
HDD 管理対象PCが300台の場合、120GB以上の空きがあること※3
OS※2 Windows® 2000 Server SP4
Windows Server® 2003 Standard Edition SP1/SP2
Windows Server® 2003 Standard Edition R2/SP2
Windows Server® 2008 Standard Edition
ディスプレイ 1024x768 16Bit Color以上
ネットワーク 100Mbps以上のスイッチングハブを使ったIPネットワーク
(使用ポート番号に関しては、技術資料「通信ポート番号一覧」をご覧ください)
※1)管理対象PCが300台以上の場合は、専用のサーバをご用意ください。
  常時録画をする場合は100台以上から専用のサーバが必要です。
※2)64bit版OSおよび日本語版以外のOSには、現在対応しておりません。
※3)画面操作録画の録画時間によって異なります。

高速ログ検索用サーバ(High Speed Log Search)

CPU デュアルコア Intel® Xeon®  2GHz以上
メモリ
4GB以上
HDD※1 データサーバの2倍の空き容量が必要
OS※2 Windows Server® 2003 Standard Edition SP1/SP2
Windows Server® 2003 Standard Edition R2/SP2
Windows Server® 2008 Standard Edition
ディスプレイ 1024x768 16Bit Color以上
ネットワーク 100Mbps以上のスイッチングハブを使ったIPネットワーク
(使用ポート番号に関しては、技術資料「通信ポート番号一覧」をご覧ください)
その他 SQL Server® 2005
上記スペックを満たさないサーバをお使いの場合、ログ件数や端末機の台数によっては十分なパフォーマンスが得られない場合があります。

※1)端末機台数1000台、1日に500万件のログが収集される環境を想定しています。
     それ以上の台数やログが多い場合には、データのリード/ライトが高速なHDDを
     ご用意いただく必要があります。
※2)64bit版OSおよび日本語版以外のOSには、現在対応しておりません。

ログ解析サーバ

CPU Intel® Pentium® 4 3GHz以上
メモリ 1GB以上
HDD 管理対象PCが300台の場合、40GB以上の空きがあること
OS※1 Windows Server® 2003 Standard Edition SP1/SP2
Windows Server® 2003 Standard Edition R2/SP2
Windows Server® 2008 Standard Edition
ディスプレイ 1024x768 16Bit Color以上
ネットワーク 100Mbps以上のスイッチングハブを使ったIPネットワーク
(使用ポート番号に関しては、技術資料「通信ポート番号一覧」をご覧ください)
その他 Internet Information Services 6.0以上
※1)64bit版OSおよび日本語版以外のOSには、現在対応しておりません。

HDD空き容量について

画面操作録画のデータ容量
(1台1fps)
※1時間:約20MB
【常時録画】1日10時間 約200MB
【検知録画】1日(約2時間※1)約40MB
例) 【常時録画】端末機200台に対して3ヶ月間ログを取った場合…約2,400GB
【検知録画】端末機200台に対して3ヶ月間ログを取った場合…約480GB
※1)検知録画の設定によっては、常時録画に近い容量が必要になる場合があります。

ログデータ容量

1日約1MB※1

ログデータ容量
-高速ログ検索用サーバ導入時

1日約4MB※2

※1)事務作業など一般的な業務でのご利用の場合です。
ご利用環境によっては、1日約5MB以上になる場合があります。
メール送信ログ、クリップボードログは、この参考値の範囲に含みません。
※2)事務作業など一般的な業務でのご利用の場合です。
ご利用環境によっては、1日約20MB以上になる場合があります。

その他のバージョン

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み