システムインテグレーター LT 58CL
連携製品:Yubi Plus

二要素認証やリモートアクセスを取り入れながら新しい働き方に適応

テレワーク中のセキュリティ維持にPCの操作ログを活用

左から、ITプラットフォームソリューション部 部長:須釜 章 様、代表取締役:肥沼 佑樹 様、ITプラットフォームソリューション部 ネットワークサービス課 課長:今酒 直樹

日本情報システム株式会社は、「創造と挑戦」をテーマに1974年にスタートしました。お客様に最適なICTソリューションを企画から構築・運用をワンストップでご提供するサービスと、自社製品の企画開発を行っています。創業以来私たちが一貫して大切にしてきたのは、お客様の発展に寄与するソリューションを模索する熱意です。

導入経緯

自社開発の二要素認証製品“「Yubi Plus」と連携”
ログを収集できることが導入の決め手に

当社は、さまざまなお客様にITシステムを提供する事業の関係上、早い段階から情報セキュリティ対策に取り組んできました。約10年前に立ち上げた情報セキュリティ委員会には、情報システム部門の社員だけでなく営業にも参画してもらい、セキュリティ対策強化に取り組んでいます。

具体的な対策の一例として、当社で開発した「Yubi Plus」という二要素認証製品を活用しています。USB型のセキュリティ鍵をPCに接続し指でタッチすると、ワンタイムパスワードが発行されPCへログインできます。また、外出先のPCにリモートアクセス用アプリケーションをインストールしてセキュリティ鍵を接続すれば、セキュアに社内のPCへリモートアクセスが可能です。「Yubi Plus」と「SKYSEA ClientView」を連携させることで、テレワーク時の操作ログを収集できることが、導入に至った理由の一つです。

導入効果

PCの操作ログを確認することで、
“テレワークならではのリスク”を回避

テレワークで個人所有のPCを直接社内に接続させることは、OSが最新でなかったり、マルウェア対策が不十分である可能性から、セキュリティ上のリスクとされています。しかし、「Yubi Plus」のリモートアクセス機能は画面転送型のRDP方式とすることで、個人所有のPCからでも安心して会社のPCを遠隔操作することが可能です。

会社のPCには「SKYSEA Client View」が導入されているので、リモートアクセス開始・終了のログをすぐに確認でき、勤務時間の把握に役立っています。該当のログだけを抽出したい場合には、「Yubi Plus」のデバイスIDで検索すればすぐに表示できます。

テレワークでは社員の勤務実態を把握しづらいことや、モラルの低下などが懸念されます。社員一人ひとりが「PCの操作を会社が把握している」ことを認識しているだけで、テレワークの質は大きく違ってきます。その点でも「SKYSEA Client View」は、社員のセキュリティ意識の維持に効果があると考えています。

テレワーク中であっても、
“いつもどおり”の管理が大切

当社では会社から支給した暗号化機能付きのUSBメモリ以外の使用は認めず、必要なときに上司の承認を得てUSBメモリを借り、使用後にはデータを消して返却します。このルールは約10年前からありましたが、「SKYSEA Client View」に登録済みのUSBデバイス以外が接続されれば検知できるので、ルールが徹底されていることが確認できるようになりました。

ソフトウェアのインストールに関しても、上長の承認を得る決まりになっており、それはテレワーク中であっても同様です。テレワーク期間中に許可していないソフトウェアがインストールされていないかを容易に確認できるのも「SKYSEA Client View」の導入効果だと感じています。

また当社は、お客様にも「SKYSEA Client View」を提供していますので、すぐに相談できるサポートダイヤルの存在は大きな安心材料です。内容によっては即答を得られないことがあっても、毎回丁寧な回答がもらえるので助かっています。

展望

情報共有一つをとっても、
“働き方に合わせて”最適な方法の模索が必要

全社的にテレワークを実施してみて、情報共有の難しさを感じます。メールやグループウェア等で重要なお知らせを配信しても、各自がきちんと確認しなければ、その情報は共有されません。一方、「SKYSEA Client View」の「メッセージ」機能は、個人がPCでどんな操作をしていても最前面にポップアップで表示されるので、伝え漏れの防止に役立つと考えています。例えば、テレワーク中のシステムのトラブルは、出社時よりも社員の不安が増します。「メッセージ」機能で状況が周知できれば安心してもらえますし、対応に追われる管理者側の負担も軽減するのではないかと思います。

働き方が大きく変わろうとしている今、使うツールもそれに合わせて最適なものに変えていく必要があります。これを機にテレワークがより普及すれば、セキュリティ強化の重要性は増し、シンクライアントシステム等の選択肢も視野に入れることが求められると思います。今後も「SKYSEA Client View」などのツールをうまく活用して、セキュリティを強化していきます。

2020年3月取材

ページのトップへ