組織の重要データを守るためにSKYSEA Client Viewがリスク対策を支援します

標的型攻撃やランサムウェアなどのサイバー攻撃、PCの誤操作やデバイスの紛失といった人為的なミスなど、組織は情報漏洩リスクと常に隣り合わせです。SKYSEA Client Viewは組織の重要なデータを守るため、情報セキュリティ対策の強化とIT資産の安全な運用管理を支援する各種機能・ソリューションを提供いたします。

SKYSEA Client View 3つの特長

01 │ 毎年バージョンアップ

毎年のバージョンアップでお客様の声を取り入れ、進化を続けます。

お客様の声に磨かれ、常に改善を図るため、SKYSEA Client Viewは発売以来、毎年定期的なバージョンアップを重ねています。IT環境の変化にいち早く対応し、さらに使いやすい商品を目指して、今後もバージョンアップ・進化を続けます。

累計導入実績(2020年8月末現在)
16,100ユーザー
7683,342クライアント
毎年のバージョンアップロードマップ 毎年のバージョンアップロードマップ

02 │ 使いやすい

わかりやすい操作画面と運用しやすい設計で、日々の管理業務をサポートします。

日常的に使用する業務ツールであればあるほど、効率的に作業する上で「使いやすさ」は重要です。SKYSEA Client Viewでは、大きなアイコンや機能ガイドで、目的の機能がひと目でわかるように管理画面を構成。また、複数台のマスターサーバーで運用する場合でも、サーバーを連動して検索したり、リストア(復元)せずに過去の操作ログが閲覧・利用できるなど、「使いやすさ」にこだわった設計を大切にしています。

コンソール画面

「使いやすさ」のPOINT


過去データの利用や複数サーバーでの運用もしやすい設計

03 │ 他社製品との連携

他社製品との連携ソリューションで各種対策をさらに強化

SKYSEA Client Viewでは、セキュリティ製品をはじめとする各メーカー様の製品と連携することで、情報セキュリティ対策やIT資産管理、ITシステム運用、勤怠管理などをさらに強化していただける各種ソリューションをご用意しています。

連携する各メーカー様の製品については、協業・連携ソリューションのご案内をご覧ください。

ページのトップへ