ログ管理

日々のPCの挙動をログとして管理
情報漏洩リスクの早期発見などに活躍

クライアントPC上でのユーザーの操作や、外部との通信、ファイルへのアクセス状況など、PCのさまざまな挙動をログとして記録。膨大なデータから必要な情報を抽出することで、「いつ」「誰が」「何をしたのか」を正確に把握し、情報漏洩リスクの素早い発見を支援します。

収集できる操作ログ一覧※1

SKYSEA Client Viewでは、種別ごとにカテゴリ分けしてログを管理しています。

起動・終了ログ ユーザーごとのログオン / ログオフや電源ON / OFF、操作開始 / 終了時刻など。
クライアント操作ログ アクティブ状態のウィンドウタイトルと稼働時間、業務で使用するアプリケーションのログイン状況など。
アプリケーションログ※2 ユーザーが利用したアプリケーションの実行ファイル名や稼働時間、ファイルパス、ハッシュ値、実行コマンド、ファイルパス(起動元アプリ)、ハッシュ値(起動元アプリ)、プロセスIDなど。
ファイルアクセスログ ローカルの共有フォルダへのアクセス、アクセスユーザー、操作種別など。
ファイル操作ログ ファイルの作成、上書き保存、削除、コピー、名前変更、ライティングソフトウェアを用いたCD-R/DVD-Rへの書き込みなど、ファイル・フォルダ操作の履歴(MTP/PTP接続デバイスでファイルコピーしたログも取得)※3
クリップボードログ コピー&ペーストしたときのクリップボードの内容※4など。
システムログ アラート設定変更を行った部署・変更内容、ログ未回収期間に達したクライアントPCのログ、リモート操作のログ(PC操作時、管理機操作時両方)など。
プリントログ 印刷したドキュメントのプリンター名、プリントタイトル、印刷枚数、印刷対象のファイルパス、IPアドレス、ポート名など。
Webアクセスログ※5 Mozilla Firefox、Google Chrome、Microsoft Edge(Chromium版)でアクセスしたURL、ウィンドウタイトル、稼働時間、Gmail送信ログ、WindowsアプリケーションやWebシステムへのログイン状況など。
  • Webアップロード:対応するWebブラウザでアクセスしたURL、Dropbox等のWebサイトにアップロードしたファイル名などを記録。
  • Web書き込み:対応するWebブラウザでアクセスしたURL、Webメール・掲示板への書き込みログ、書き込んだ内容、Microsoft 365でのファイル作成ログなどを収集。
  • FTPアップロード:FTPへのファイルアップロードログなどを収集。
送信メールログ 送信メールの宛先(CC / BCCを含む)、件名、本文(一部)、添付ファイル名など。
ドライブ追加・削除ログ USBデバイスなどのドライブの追加・削除、ドライブ種別などを記録。
フォルダ共有ログ 共有フォルダの作成・削除、共有元アドレス、共有名など。
不許可端末ログ
(Windowsのみ)
登録されていないクライアントPCのMACアドレス・IPアドレスなどを検知。デフォルトゲートウェイを新規で利用、または変更されたログなどを収集。
通信デバイスログ ネットワークカードやBluetooth等の通信デバイスによる接続に関するログなど。通信状況を基に、社内か社外どちらで操作していたかの参考情報となるログも記録。
想定外TCP通信ログ 実行ファイルのTCPによる通信に関するログなど。
  • M1 Cloud Editionでは一部のログのみ対応しています。詳しくは機能一覧表の「収集できるログ」をご覧ください。
  • 実行コマンドや起動元アプリに関する情報の収集は、「ITセキュリティ対策強化」機能が必要です。
  • Mac端末の場合、ファイル上書き保存、フォルダコピーは対象外です。
  • Mac端末の場合、Print Screenは対象外です。
  • Mac端末の場合、Safariでの書き込みログは対象外です。
ページのトップへ
ささいなご質問にも専門スタッフがお答えします!導入相談Cafe 詳しくはこちら