セグメントごとのデバイス制御 / 印刷禁止

セグメントごとにデバイス使用を制限し、データの持ち出しを抑止

ネットワークのセグメントごとに、USBデバイスやメディアの使用を制限できます。例えば、日々の業務で利用するセグメントではデバイスの使用を許可し、個人情報など重要なデータを扱う別セグメントでの使用を禁止することで、使用範囲を限定。データの不要な持ち出しを抑止します。また、社外からのVPN接続による社内データの書き込みも禁止できます。

セグメントごとに印刷の制限も可能

セグメントごとに印刷も制限できます。社外でPCを利用する場合などに、誤って社内のプリンターを指定して印刷してしまうことがないようにし、印刷物を放置することによる情報漏洩リスクを抑止します。

ページのトップへ