お客様の声

No.596

マイナンバーの取り扱い状況を操作ログから把握・管理、
USBデバイスの使用なども制限し情報漏洩対策を図っています。

  • 業種
  • 証券
  • 管理対象PC
  • 約210台
  • 関連キーワード
  • 資産管理 , デバイス管理 , ログ管理 , USBメモリを管理

▼ 導入のきっかけ

IT資産の管理を徹底することと、マイナンバーの取り扱い状況などを管理するため、導入しました。

弊社はこれまで、IT資産に対する管理が行き届いておらず、PCやソフトウェアの使用状況なども把握できていなかったため、改善したいと考えていました。加えて、業務でマイナンバーなどのお客様の個人情報を取り扱うにあたり、操作ログを取得して取り扱い状況をしっかり管理する必要がありました。「SKYSEA Client View」はこれらを支援する機能を備えていたため、導入を決めました。

▼ 導入後の効果

専用のネットワーク内でのみマイナンバーの取り扱いを限定。さらにUSBデバイスの使用制限や操作ログの確認を行っています。

「資産管理」機能では、端末にインストールされているアプリケーションが一覧で確認できて便利です。業務に不要と思われるアプリケーションを発見した場合は、使用者にアンインストールを促したりしています。また、インターネット系のネットワークとは別に、マイナンバー関連の業務を行う専用のネットワークを構築し、そこでも「SKYSEA Client View」を活用しています。どちらの環境でもUSBデバイスの使用制限を設定し情報漏洩対策を行っています。加えて、操作ログを定期的に確認することで、情報の取り扱い状況を管理しています。今後は、利用可能なプリンターを制限するなど追加設定を検討し、対策強化を図っていく予定です。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み