報道関係者各位
お客様各位

企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア
「SKYSEA Client View Ver.16.3」をリリースしました

2021年6月9日
Sky株式会社

Sky株式会社は、企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.16.3」(スカイシー クライアント ビュー バージョン16.3)を開発、2021年6月9日より販売を開始いたしました。

SKYSEA Ver.16 コンソール画面

「SKYSEA Client View」は、「使いやすさ」をコンセプトに、資産管理・ログ管理・セキュリティ管理といった『情報漏洩対策』や『IT運用管理』を支援する機能を搭載しています。サイバー攻撃に対する多層防御や、組織のテレワーク運用を支援する機能なども搭載しているほか、各メーカー様の製品と連携することで、各種対策をさらに強化いただける連携ソリューションも提供しています。

「SKYSEA Client View Ver.16.3」では、情報セキュリティ対策を強化する2つのオプションをご用意。紛失したPCをリモートロックし、第三者の不正利用による情報漏洩を防ぐ「紛失端末制御」機能や、FFRIセキュリティ社製「FFRI yarai」と連携し、マルウェア対策をさらに強化する「EDRプラスパック」を搭載しました。そのほか、テレワーク環境での情報漏洩リスクの軽減や、安全なインターネット利用を支援する各種機能も搭載。普及が進むテレワークのよりセキュアな運用をサポートします。

「SKYSEA Client View Ver.16.3」新機能

1.紛失したPCをリモートで制御、第三者の不正利用を阻止し情報漏洩を防ぐ

テレワークなどで会社貸与のPCを社外に持ち出す場合は、紛失への対策が重要です。Ver.16.3では、紛失したPCへ画面ロックやデータ削除をリモートで実行し、第三者の不正利用を阻止することで情報漏洩を防ぐ「紛失端末制御」機能※1をご用意。PCの大まかな位置情報を確認することもでき、PCを捜索する手掛かりとしてお役立ていただけます。

2.次世代エンドポイントセキュリティ製品と連携し、マルウェア対策のさらなる強化をサポート

「EDRプラスパック」オプション※2では、FFRIセキュリティ社製「FFRI yarai」※3がクライアントPCのマルウェア感染を検知した際、「SKYSEA Client View」がPC上のマルウェアを隔離。迅速な安全性の確保を支援します。また、検知したマルウェアを基にほかのクライアントPCが感染していないかを自動で調査し、マルウェアが確認された場合は同様に自動で隔離します。

3.テレワークでの印刷操作禁止時に、PDFファイル出力のみ許可

テレワーク環境など、組織外で利用するPCでの印刷を禁止する機能を、さらに使いやすく改善。PDFファイルの出力のみ許可することで、印刷物の紛失による情報漏洩リスクを軽減しつつ、より業務に即した運用が行えます。

4. 通信の安全性を確保し、インターネット利用をよりセキュアに

組織内ネットワークへのVPN接続を強制することで、テレワーク中のPCの安全なインターネット利用をサポートする機能をさらに強化。PCが組織内ネットワークに接続しているかを、「SKYSEA Client View」のサーバー※4との通信確認を通じてチェックし、より確実に通信の安全性が確保できるように支援します。

5. アプリケーション単位で印刷操作を禁止、より柔軟なポリシー設定が可能に

情報漏洩リスクにつながる印刷操作を、プリンターやユーザー単位で禁止できるアラート機能を拡張。新たにアプリケーション単位でも禁止できるようにしました。業務で多用するMicrosoft Officeツール以外での印刷操作を禁止するなど、組織のセキュリティポリシーに応じてより柔軟に設定いただけます。

<その他新機能・機能改善>

  • 従量制課金接続のデータ使用量削減のために、HTTP(S)通信のソフトウェア配布制限が可能に
  • ファイルサーバー上に作成できる「自動暗号化フォルダ」の最大数を拡張
  • 20,000台以上の大規模環境でも「マスターサーバー名変更ツール」が利用可能に
  • 個人情報を検出する連携製品「すみずみ君」の最新バージョンに対応
  • 印刷ログ取得製品「PRINT EYE」との連携に対応
  • 資産データWeb閲覧などのWebシステムがMicrosoft Edge(Chromium版)でも利用可能に
  • Windows 10 May 2021 Updateに対応 など
  • ※1 本機能はオプションです。
  • ※2 「FFRI yarai」における、管理サーバーの導入コストや運用・更新コストを削減したいお客様向けの「EDRプラスパックCloud」もご用意しています。
  • ※3 マルウェア特有の振る舞いを検知することで、未知の脅威の早期発見をサポートする次世代エンドポイントセキュリティ製品です。
  • ※4 マスターサーバー、またはデータサーバー。

※詳細は下記Webサイトにてご確認ください。
<SKYSEA Client View Webサイト>
https://www.skyseaclientview.net/

「SKYSEA Client View」の主な機能

資産管理 ハードウェア・ソフトウェアの詳細な情報を自動的に収集。日々変動するIT資産を適切に管理いたします。
ログ管理 クライアントPC上でのユーザーの操作や外部との通信、ファイルへのアクセス状況など、日々のPCの挙動をログとして記録。膨大なデータから必要な情報を抽出することで「いつ」「誰が」「何をしたのか」などを正確に把握し、情報漏洩リスクの早期発見を支援します。
セキュリティ管理 組織のセキュリティポリシーに反する操作に対してアラートで通知したり、操作そのものを禁止したりすることができます。アラートは管理機へも通知されるため、速やかな状況の把握にもお役立ていただけます。クライアントPCへの更新プログラム適用を支援する機能も搭載しています。
デバイス管理 社内にある多くのUSBデバイスやメディアなどの外部記憶媒体を徹底管理。利用権限の設定や棚卸までをサポートいたします。
ITセキュリティ対策強化 日々巧妙化が進むサイバー攻撃への対策として、UTMやウイルス対策ソフトウェアなどのセキュリティ製品と連携し、多層防御を強化。不審な通信やマルウェア侵入の早期把握、感染PCのネットワーク遮断など、リスクの最小化を支援します。※5
※5 一部エディション(Light Edition / 500 Clients Pack / Standard Edition)ではオプションとして提供しています。
レポート レポート機能を使って、IT機器の運用状況を詳細に把握。レポートを分析することで、コスト削減やセキュリティポリシーの改善などにお役立ていただけます。
メンテナンス リモート操作※6で離れたクライアントPCのメンテナンスが行えます。同時接続や一斉操作も可能で、複数のクライアントPCを管理する際に作業効率が向上します。
※6 「リモート操作」機能は、一部エディション(Light Edition)ではオプションとして提供しています。
ソフトウェア資産管理(SAM) 「ソフトウェア資産管理(SAM)」に必要な管理台帳を用意し、ソフトウェア資産の適切な管理を支援します。
サーバー監査 Windowsサーバーのイベントログ(監査ログを含む)を活用して、重要なデータが集約されることの多いサーバーへのアクセス状況の把握や、操作状況の確認が行えます。※7
※7 本機能はオプションとして提供しています。
モバイル機器管理(MDM) iPhone / iPad / iPod touchの資産情報を管理するために、一般的なモバイルデバイスマネジメント(MDM)の一部である資産管理機能をご用意しました。※8
※8 本機能はオプションとして提供しています。

販売体制

「SKYSEA Client View Ver.16.3」は、官公庁、自治体、民間企業、団体などを主な対象として、全国の販売代理店を通じてソフトウェアの販売を行います。

動作環境

SKYSEA Client View の動作環境はこちら

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはこちら

  • SKYSEA および SKYSEA Client View は、Sky株式会社の登録商標です。
  • Microsoft、Microsoft Edge および Windows は、Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
  • iPhone、iPad および iPod touch は、Apple Inc.の登録商標または商標です。
  • その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本文中に記載されている事項の一部または全部を改変することは、いかなる理由、形態を問わず禁じます。

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら