報道関係者各位
お客様各位

企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア
「SKYSEA Client View Ver.17.2」をリリースしました

2022年3月10日
Sky株式会社

Sky株式会社は、企業・団体向け クライアント運用管理ソフトウェア「SKYSEA Client View Ver.17.2」(スカイシー クライアント ビュー バージョン17.2)を開発、2022年3月10日より販売を開始いたしました。

SKYSEA Ver.17.2 コンソール画面

「SKYSEA Client View」は、「使いやすさ」をコンセプトに、資産管理・ログ管理・セキュリティ管理といった『情報漏洩対策』や『IT運用管理』を支援する機能を搭載しています。サイバー攻撃に対する多層防御や、組織のテレワーク運用を支援する機能なども搭載しているほか、各メーカー様の製品と連携することで、各種対策をさらに強化いただける連携ソリューションも提供しています。

「SKYSEA Client View Ver.17.2」では、PCの紛失・盗難時の情報漏洩リスクに備え、BitLockerによるドライブ暗号化を支援する機能を強化。また、ファイルの不正な持ち出し等を防ぐため、異なるネットワーク間でのファイルのやりとりをWebシステムで一元管理できるようにしました。ほかにも、収集したログを他社製品で活用できる連携機能の拡張や、自社商品の名刺管理サービス「SKYPCE」をよりセキュアにご利用いただける連携機能を搭載しました。

「SKYSEA Client View Ver.17.2」新機能

1. 暗号化を促すメッセージを表示し、組織内PCの暗号化徹底を支援

BitLockerによるドライブ暗号化が無効になっているPCに対して、暗号化を促すメッセージ画面を自動で表示。ユーザーは、管理者が事前に行った暗号化設定に基づいてメッセージ画面上で素早く暗号化を実行できます。暗号化の徹底をサポートし、紛失・盗難による情報漏洩リスクを軽減します。

2. ネットワーク分離環境におけるファイルの安全なやりとりを支援

ネットワーク間でのファイル転送をWebシステムで管理できます。例えば、インターネットから分離された基幹系ネットワーク内のファイルを組織外で利用する場合に、システムでの申請・承認手続きを介して安全に持ち出すことができます。ネットワーク間のファイルのやりとりをシステムで一元管理できるほか、USBデバイスを使う場合と比べてセキュリティリスクを軽減することができます。※1
※1 オプションとして提供している「申請・承認ワークフローシステム」でご利用いただけます。本システムについてはSKYSEA Client ViewのWebサイトをご覧ください。

3. メール本文をログ出力し、他社システムでの分析に活用

各種メーラーやWebメールで送信したメールの本文をログとして記録し、CSV形式での出力が可能に。出力したログデータをSIEM※2などのログ分析システムで、メール本文の内容も含めた分析に活用することができます。
※2 「Security Information and Event Management」の略称。ネットワーク機器やウイルス対策ソフトウェアなど、あらゆるハードウェア・ソフトウェアから出力されるログを一元管理・分析し、インシデントにつながる脅威を検知するソリューション。

4. サーバー障害によるログ消失に備え、画面操作ログもPC上に一時保存

これまでのテキストログに加えて、画面操作ログの録画データも指定した期間、PC上で一時的に保存できるように改善。万が一、サーバーに障害が発生したとしても、PCからサーバーへログを再アップロードすることで、ログ消失を防ぐことができます。

5. 資産情報の変更履歴を自動削除し、サーバーの容量圧迫を回避

資産情報の変更状況が確認できる履歴データに保存期間を設定し、期間を過ぎたデータを自動で削除できるようにしました。データの蓄積によるサーバーの容量圧迫を防ぎます。

6. 名刺管理サービス「SKYPCE」のセキュリティを強化

名刺の安全管理を支援する弊社の新サービス「SKYPCE」※3を、よりセキュアにお使いいただける情報漏洩対策機能を「SKYSEA Client View」が提供。名刺の取り扱い状況をログで把握し、リスクを伴う操作をアラートで検知するなど、安心・安全な名刺管理をサポートします。
※3 詳しくはSKYPCEのWebサイトをご覧ください。

<その他新機能・機能改善>

  • 資産情報の定期バックアップ時に、古いデータを自動で削除
  • バックアップログ閲覧時の検索速度を向上
  • 添付ファイルサイズが膨大なメールログでも安定して収集できるように改善
  • 申請・承認ワークフローシステムの操作性を各種改善
  • サーバー移行時のデータのリストア手順を簡略化
  • Microsoft Store版のFirefox®に対応
  • 自宅のPCから組織内のPCを遠隔操作できる「リモートアクセスサービス」オプションを追加
    <3月末リリース予定> など

※詳細は下記Webサイトにてご確認ください。
<SKYSEA Client View Webサイト>
https://www.skyseaclientview.net/

「SKYSEA Client View」の主な機能

資産管理 ハードウェア・ソフトウェアの詳細な情報を自動的に収集。日々変動するIT資産を適切に管理します。
ログ管理 クライアントPC上でのユーザーの操作や外部との通信、ファイルへのアクセス状況など、日々のPCの挙動をログとして記録。膨大なデータから必要な情報を抽出することで「いつ」「誰が」「何をしたのか」などを正確に把握し、情報漏洩リスクの早期発見を支援します。
セキュリティ管理 組織のセキュリティポリシーに反する操作に対してアラートで通知したり、操作そのものを禁止したりすることができます。アラートは管理機へも通知されるため、速やかな状況の把握にもお役立ていただけます。クライアントPCへの更新プログラム適用を支援する機能も搭載しています。
デバイス管理 社内にある多くのUSBデバイスやメディアなどの外部記憶媒体を徹底管理。利用権限の設定や棚卸までをサポートします。
ITセキュリティ対策強化※4 日々巧妙化が進むサイバー攻撃への対策として、UTMやウイルス対策ソフトウェアなどのセキュリティ製品と連携し、多層防御を強化。不審な通信やマルウェア侵入の早期把握、感染PCのネットワーク遮断など、リスクの最小化を支援します。
※4 一部エディション(Light Edition / 500 Clients Pack / Standard Edition)ではオプションとして提供しています。
レポート 資産情報やログなど日々蓄積されるデータを活用し、レポートとして集計。分析を行うことで、IT資産運用の傾向把握やコスト削減、セキュリティポリシーの改善などにお役立ていただけます。
メンテナンス リモート操作※5で離れたクライアントPCのメンテナンスが行えます。同時接続や一斉操作も可能で、複数のクライアントPCを管理する際に作業効率が向上します。
※5 「リモート操作」機能は、一部エディション(Light Edition)ではオプションとして提供しています。
ソフトウェア資産管理(SAM) 「ソフトウェア資産管理(SAM)」に必要な管理台帳を用意し、ソフトウェア資産の適切な管理を支援します。
サーバー監査※6 Windows Serverのイベントログ(監査ログを含む)を活用して、重要なデータが集約されることの多いサーバーへのアクセス状況の把握や、操作状況の確認が行えます。
※6 オプションとして提供しています。
モバイル機器管理(MDM)※7 iPhone / iPad / iPod touchの資産情報を管理するために、一般的なモバイルデバイスマネジメント(MDM)の一部である資産管理機能をご用意しました。
※7 オプションとして提供しています。

販売体制

「SKYSEA Client View Ver.17.2」は、官公庁、自治体、民間企業、団体などを主な対象として、全国の販売代理店を通じてソフトウェアの販売を行います。

動作環境

SKYSEA Client View の動作環境はこちら

お問い合わせ

本件に関するお問い合わせはこちら

  • SKYSEA、SKYSEA Client View および SKYPCE は、Sky株式会社の登録商標です。
  • Microsoft、BitLocker および Windows Server は、Microsoft Corporationの登録商標または商標です。
  • Firefox@ は、Mozilla Foundationの登録商標または商標です。
  • iPhone、iPad および iPod touch は、Apple Inc.の登録商標または商標です。
  • その他記載されている会社名、商品名は、各社の登録商標または商標です。
  • 本文中に記載されている事項の一部または全部を改変することは、いかなる理由、形態を問わず禁じます。

掲載されている情報は、発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ