業務で得た名刺情報は
会社の重要資産です。

個人で契約するフリーソフトなどで名刺情報を取り扱うことは、
利用者が自覚することなく、個人情報の売買に使われてしまったり、
転職時の業務情報の持ち出しにつながるリスクがあります。
個人ではなく、会社・組織全体で名刺管理を支援するのが「SKYPCE」です。

営業支援 名刺管理サービス「SKYPCE」とは

業務のなかで得た名刺を組織の情報資産として一元管理し、組織全体で共有することで、営業活動やマーケティングの強化につなげていただけるサービスです。シンプルで使いやすいUIを搭載しており、名刺情報の登録や、検索・閲覧などを直感的に行うことができます。また、名刺情報はお客様のオンプレミス環境で管理いただくため、組織のセキュリティポリシーに沿った運用を安全に行うことができます。

SKYSEA Client Viewとの連携で、
名刺管理のセキュリティをさらに強化

名刺情報の取り扱い状況を操作ログから確認

名刺閲覧画面での名刺情報の閲覧やダウンロードといった操作をログで記録。
ダウンロードした名刺データのその後の取り扱いについても把握でき、USBデバイスへのコピーやメール添付による送信など、不審な取り扱いがないかを確認することもできます。

大量のダウンロードを検知し、リスクを伴う操作を早期把握

名刺情報のダウンロードが指定した件数を超えて行われた場合、アラートとして検知できます。
漏洩リスクにつながる操作を早期に把握することで、当事者へのヒアリングやログの調査など、その後の迅速な対応につなげていただけます。

画面キャプチャーや印刷を禁止し、不必要な情報持ち出しを抑止

名刺閲覧画面の表示中は、アプリケーションによる画面キャプチャーや「Print Screen」キーの押下、選択したテキストのコピーや画面の印刷を禁止することができます。
名刺情報の持ち出しにつながるようなPC操作を抑止できます。

一定時間操作がなければPCをロック、第三者による閲覧を防止

名刺閲覧画面を表示したまま一定時間操作がなかった場合に、PCの画面を自動でロックします。
ユーザーが離席した際などに、第三者による情報の閲覧を防ぐことができます。

ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ