SKYSEA Client View テレワーク Editionのご紹介SKYSEA Client View
テレワーク Editionのご紹介

新型コロナウイルス感染症は社会の在り方を一変させました。
Afterコロナでは従来の常識とは異なるニューノーマル時代がやってくると考えられています。
ニューノーマル時代の働き方であるテレワークで重要なのが情報セキュリティ対策、仕事の見える化です。
SKYSEA Client View テレワーク Editionでテレワーク運用をご支援します。

500台未満でテレワークの導入を検討されているお客様におすすめのEditionです

テレワーク運用の課題

  • 業務状況の把握

    従業員の様子が見えないため、社員の業務状況が把握しづらい

    この機能で解決を支援!
  • 安全なインターネットの利用

    自宅やフリーのWi-Fiを利用して、マルウェアに感染するリスクを避けたい

    この機能で解決を支援!
  • 機密情報の持ち出し

    ほかの社員の目がないため、機密情報の持ち出しが起きないか心配

    この機能で解決を支援!
  • ウイルス対策ソフトのアップデート状況の確認

    テレワークに利用しているPCのウイルス対策ソフトのパターンファイルが更新できているか確認したい

    この機能で解決を支援!
  • IT機器のトラブル対応

    システム管理者がテレワーク中は現地でトラブル対応ができない

    この機能で解決を支援!

テレワーク Edition搭載機能のご紹介

  • 操作ログでPCの利用履歴を収集

    PC上での操作やファイルへのアクセスなどをログとして記録・保存します。またPCのログオン時刻や操作開始・終了時刻を一覧表示できます。テレワーク中も労働時間の実態把握を支援します。

  • VPN未接続のインターネット接続を制限

    テレワーク中に業務をする際、社内ネットワークを経由(VPN利用)しなければインターネットに接続できないように設定できます。社内ネットワークを経由することで、通信データの盗聴対策やネットワークセキュリティの適用を徹底できます。

    • VPNサーバーの設置が別途必要です。
  • 画面キャプチャーを禁止し、情報の持ち出しを防止

    PC上での画面キャプチャー(スクリーンショット)を禁止します。設定することで、[PrintScreen]キーによる画面キャプチャーと、アプリケーションを使用した画面キャプチャーを禁止できます。画像ファイルとして機密情報を持ち出すのを防止できます。

  • ウイルス対策ソフトウェアのインストール状況を確認

    PCごとにウイルス対策ソフトウェアのインストール状況を確認できます。またウイルス対策ソフトウェアのパターンファイル未更新台数の表示や未インストールの端末の絞り込みができます。

  • リモート操作でIT機器のトラブル対応

    離れた場所にあるPCの画面を共有し、ヘルプデスク対応やメンテナンスが行えます。VPN接続で社内ネットワークに接続していればリモート操作が可能なので、テレワーク中のメンテナンス作業にお役立ていただけます。

搭載機能一覧
  • 資産管理
  • ログ管理
  • セキュリティ管理
  • デバイス管理
  • レポート
  • ソフトウェア資産管理(SAM)
  • SAMACソフトウェア辞書
  • リモート操作
  • ITセキュリティ対策強化
  • 画面キャプチャー防止
  • ソフトウェアの緊急配布は除く。
ページのトップへ
オンラインデモお申込みはこちらオンラインデモお申込みはこちら
オンラインデモお申込みはこちら