Ver.17 新機能

テレワーク運用支援

「Web会議時間」を見える化し、業務プロセス改善を支援

「ユーザー操作時間レポート」拡張

テレワークの普及に伴い増加したWeb会議時間を、ユーザーごとにレポート集計。
日々の業務のなかでWeb会議が占める割合を見える化することで、業務プロセスの改善などを検討する際の参考情報としてご活用いただけます。

社内・社外のどちらで働いていたか、ログから判断が可能に

「ログ管理」機能拡張

PCと社内にあるSKYSEA Client Viewサーバー※1との通信状況に関する情報を、ログとして取得できるように強化。
各種操作ログをチェックする際、それが社内での操作なのか、テレワーク時など社外での操作なのかを判断する際の参考情報としてご活用いただけます。

サイバー攻撃対策

マルウェア対策を強化する連携機能が新たな製品に対応

「syslogによる異常端末監視」アラート拡張

連携するUTMなどのセキュリティ製品が不審な通信を検知した際、管理者にアラート通知をしたり、該当PCをネットワークから遮断する機能※1を拡張。
新たに、機械学習エンジンを搭載した次世代ファイアウォール※2に対応しました。
パターンマッチングでは難しい未知の脅威を検知し、速やかな状況把握と安全性の確保を支援します。

デバイス使用制限

USBデバイスの使用期限設定を拡張、
組織の運用に沿った管理が可能に

「デバイス管理」機能改善

指定したUSBデバイスの使用期限を、従来の366日よりも長く設定できるように改善。
例えば、年単位のライセンス期限があるウイルス対策ソフトウェア搭載のセキュリティUSBメモリを、
ライセンス期限切れと同時に使用できなくなるように設定することができます。

ログ利活用連携

他社製品へ出力できるログを拡張、
より幅広いログ分析が可能に

「syslog送信設定」機能拡張

SKYSEA Client Viewが検知したアラートログを他社製品へsyslog出力し、情報漏洩対策などに活用できる機能※1を強化。
アラートログだけでなく、そのほかのログも出力できるようにしました。
例えば、Webアクセスに関するログを他社のログ統合管理システムへ出力し、アクセス状況の分析を行うなど、
さまざまなログを対象にご活用いただけます。

ソフトウェア更新管理

キャッシュ配布対象を細かくグループ分けし、
PC間の通信負荷を軽減

「ソフトウェア配布」機能拡張

PCへのソフトウェア配布がセグメントごとに効率的に行える、キャッシュ配布機能※1を強化。
配布対象のPCを、IPアドレス単位で柔軟にグループ分けできるようになりました。
例えば、セグメント内に複数フロアのPCがまとまって存在する場合に、配布対象をフロアごとにグループ分けすることで、
フロアをまたいだ通信を起こさずに配布でき、通信負荷の軽減につなげていただけます。

運用管理支援

資産情報やログがアップロードされていないPCをアラート通知

SKYSEA端末アップロード異常検知

何らかの原因で、クライアントPCから資産情報やログがサーバーにアップロードされなかった場合に、異常を検知して管理者にアラート通知。
該当するPCの状況をログですぐに確認でき、原因の把握と素早い復旧にお役立ていただけます。

リモート操作画面を自由に拡大できるようにし、操作性を改善

「リモート操作」機能改善

リモート操作中に、接続先PCのデスクトップ画面を自由に拡大・縮小できるように改善。
接続先PCの画面解像度が管理機より低い場合でも拡大して表示でき、メンテナンスや問い合わせ対応がより作業しやすくなりました。

その他 新機能

ページのトップへ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ「SKYSEA Client View」導入相談カフェ
「SKYSEA Client View」導入相談カフェ