最新バージョンのログ管理はこちら

Sky株式会社 SKYSEA Client View:ログ管理:ログを有効活用し、問題点を的確に把握

13種類のログデータを適切に管理し、活用することで、「いつ」「誰が」「何を」しているのかを正確に把握できます。

クライアントPCのさまざまな操作を13種類のログとして記録します。収集された膨大なデータから必要なものだけを抽出。利用状況を確認し、問題点を見つけ出すことができます。また、ユーザの操作画面を録画することや、ファイルの流出経路を追跡することも可能です。

ログ管理機能の利用イメージ図

さらに!

メールを経由した情報漏洩の防止
送信メールログ

送信メールと添付ファイルをログとして記録します。メールサイズに応じて、添付ファイルを保存しない設定や、指定された宛先ドメインのメールログを取得しない設定ができます。

Ver.4.1より、Microsoft® Exchange Serverに対応
高速検索で必要なログを素早く抽出 SKYSEA Client View オプション
高速ログ検索

高速ログ検索は、通常のログ検索に比べて検索処理のスピードを大幅に向上できます。ご導入いただいた場合でも、特別な操作や設定の必要はありません。

ログ検索画面

目的のログを素早く簡単に検索

ログの種類ごとにボタンを用意していますので、目的のログを素早く検索できます。また、「警告のみ表示」にチェックを入れることで、警告ログのみを表示することができます。

ログ検索画面

画面拡大

機能詳細はこちら

アクセスPCログ表示機能:サーバの共有ファイルにアクセスしたクライアントPCの操作を知りたい

任意のファイルアクセスログから、サーバの共有ファイルにアクセスしてきたクライアントPCが、前後にどのような操作をしていたのかを確認することができます。
調べたいログを右クリックし、メニューを選択するだけで表示でき、別ウィンドウを開くなどの手間をかけず、素早くログを確認できます。

操作ログ追跡の画面

ファイル追跡

気になるファイル操作を徹底追跡

外部への情報持ち出しなどが疑われる操作など、不審なファイル操作を詳細に確認できます。流出経路の特定や、ファイルコピー・別名保存によって分岐したファイルの操作を追跡できます。

■追跡結果の絞込み
追跡結果が複数ある場合、1項目を選んで「絞込み」ボタンをクリックすることで、選んだ項目の詳細のみを表示します。重要なファイルの取り扱い状況のチェックに有効です。

ファイル追跡画面

画面拡大

機能詳細はこちら

画面操作録画:詳細な操作を確認したい

テキストの操作ログからは把握できない、クライアントPCの詳細な操作内容を、画面を録画して動画で記録します。マウスの動きや入力した文字などをより詳細に確認できます。

画面録画再生

機能詳細はこちら

※掲載している画面はすべて開発中のものです。
トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み