残業時間お知らせメッセージ / 残業管理関連特許取得

日々の残業状況を適切に把握、状況の早期改善を支援

定時終了前や業務時間外に、PCの画面にメッセージを表示することで、従業員の帰宅や残業申請を促すことができます。申請された残業は、管理機から承認 / 拒否が行えるほか、当月の累計残業時間などを一覧で確認することもできます。タイムカードなどでの月ごとの集計ではなく、PCの操作ログから残業時間を日々適切に把握することで、業務負荷の偏りといった状況の早期改善にお役立ていただけます※1

お知らせメッセージで帰宅や残業申請を促す

定時終了前などにメッセージを表示。残業申請が行われないまま定時終了時刻が過ぎたり、申請した残業時間を超過した場合には、PCをネットワークから遮断したり、画面をロックすることで、業務時間外のPC使用を制限できます※2

残業申請の承認や拒否、残業状況の確認を行う

「残業時間お知らせメッセージ」から行われた残業申請の承認 / 拒否、および残業時間や作業時間の当月の合計を確認できます。また、スマートフォンからでも申請内容の確認や承認操作ができ、外出先でPCが手元にない場合でも承認処理が行えます※3

  • 本機能は、お客様の営業日と業務時間を設定いただくことでご利用いただけます。ただし、残業の申請・管理は必ずこの機能で行っていただく必要があるものではありません。お客様の運用ルールに沿ってご対応ください。
  • システム管理者が事前に設定した解除コードを入力することで、ネットワーク遮断や画面ロックの解除が行えます。
  • DMZ内にリバースプロキシサーバーまたはロードバランサーの設置が必要です。加えて、専用のデータベースサーバー、またはWebサーバーを設置する必要があります。
ページのトップへ