PCの使用状況の見える化で正確な労働時間の把握を支援

SKYSEA Client Viewで記録されたPCの操作履歴(ログ)を活用することで、日々の業務でPCを使用する従業員の労働時間の見える化を支援します。また、業務時間外のPC操作を制限する機能なども搭載しており、組織の過重労働対策への取り組みをサポートします。

「労働時間の記録」は長期間の保存が必要

労働基準法第109条では、使用者が労働時間の記録(出勤簿、タイムカード、ログなど)を3年間保存しなければならないと定めています。SKYSEA Client Viewでは、PCのログを最大10年間長期保存することが可能です。

ページのトップへ