Windows 10更新管理

Windows 10の継続した更新管理を支援

SKYSEA Client Viewでは、定期的に公開されるWindows 10の各種更新プログラムの管理・配布を支援する機能や、自動アップデートを制御する機能をご用意しています。PCを常に最適な状態に保ち、安全にご利用いただけるようスムーズな更新管理をサポートします。

PCの安全利用のために、計画的な更新プログラムの適用を

Windows 10は、セキュリティ情報を含む品質更新プログラムが月に一度、大型アップデートを行う機能更新プログラムが半年に一度、定期的に公開されます。セキュリティを確保し、PCを安全に利用するには、これら更新プログラムが公開されるたびに適切に適用しなければいけません。特に、機能更新プログラムにおいては、各バージョンでサポート期間が設けられており、期間が過ぎると品質更新プログラムの提供を受けられなくなるため、計画的に適用していく必要があります。

また、機能更新プログラムのデータ容量は4GB前後と大きいため、配布時にネットワーク負荷が高まり、通信速度の低下によって業務に支障をきたす可能性があります。負荷分散などを考慮しながら、適切に配布・適用を進めていくことが求められます。

大型アップデートを制御し、トラブルを回避

各PCに対する大型アップデートが自動で行われてしまうと、互換性の問題でアプリケーションや周辺機器に不具合を及ぼすことも。そのような場合に備えて、まずは検証用のPCのみアップデートを行い、不具合がないことを確認した上でそのほかのPCに展開していくなど、アップデートを行うタイミングをPCごとに制御する必要があります。

品質更新プログラムのスムーズな取得・適用を支援

更新プログラム配布管理

保守契約ユーザー用WebサイトからWindows 10などの更新プログラム情報を一覧で取得・インポートすることで、マイクロソフト社が公開する更新プログラムのダウンロードから、PCへの配布・適用までを管理画面上で一括管理することができます※1

配布時のネットワーク回線の圧迫を抑止

更新プログラムは、マスターサーバーから社内ネットワークを通じて各PCへ配布されるので、インターネット回線が圧迫されることはありません。また必要に応じて、PCを指定して配布が行えるので、社内ネットワークの負荷軽減にもつなげられます。

  • Windows 10の更新プログラムについては、品質更新プログラムに対応しています(2019年9月5日時点)。また、更新プログラム情報の一覧を取得する際は、初回のみWebサイトにて利用者情報の登録が必要です。

機能更新プログラムの適用を制御し、事前の動作検証を支援

Windows 10更新制御※1

半年に一度自動で行われるWindows 10の大型アップデートを、部署やPCごとに制御することができます。一部のPCのみアップデートを許可し、社内への影響を確認してから、全体へアップデートを適用するといった運用を支援します。

データ容量の大きい更新プログラムの配布をサポート

ソフトウェア配布

SKYSEA Client Viewの「ソフトウェア配布」機能※2では、機能更新プログラムのような容量の大きいデータでも効率的に配布できる「キャッシュ配布」機能を搭載しています。配布時のネットワークの帯域幅や、同時に配布できる台数を制限することもでき、ネットワーク負荷を軽減しながら、スムーズに組織内の各PCへ適用することができます。

  • 本機能でアップデートを制限(延期)できるエディションは、Windows 10 Proのみです。また、Windows 10では、機能更新プログラムの公開日から起算して、365日までアップデートを延期することができます。本機能では、335日後にアップデートを延期することができ、それ以降はOSの制御によるアップデートが行われます。
  • 「ソフトウェア配布」機能については、こちらをご覧ください。
ページのトップへ