• 特長
  • 機能
  • 導入事例
  • イベント・セミナー
  • サポート体制
  • お客様の声
  • 情報誌
  • 有償開放特許

操作ログの管理によるメリットと「SKYSEA Client View」の機能

操作ログの徹底管理で情報漏洩を防止する

操作ログを管理することによって得られるもっとも大きなメリットは、情報漏洩事故を未然に防ぐことです。情報漏洩のリスクを軽減するために大切なのは、地道に情報漏洩につながる危険性を見つけだし、一つずつ対策することです。こうした対策を的確に行うためには、まず、社内のIT資産の管理を徹底して行うことが必要です。具体的には、どのような端末が稼働していて、それを誰が使用しているのかという内容までを管理するということです。

そして次に、それらの端末でどのような操作が行われているのかという運用状況の可視化が必要です。これが操作ログの管理です。多くの端末が稼働している企業において、日々蓄積されていく操作ログは膨大な量になります。1日で数万行以上にもなる操作ログを、管理者が一つひとつ漏れなくチェックすることは現実的に不可能です。「情報が見えづらい」「生ログを収集するだけ」「使いづらい」というソフトウェアだった場合、日々の運用状況が把握できないばかりか、万が一の事故発生時に証跡確認や関係者への報告に支障が出るかもしれません。

「SKYSEA Client View」は、収集した操作ログを集計してレポートとして出力することができます。情報漏洩につながる恐れがある操作をまとめ、情報セキュリティのリスク傾向をレポート化したり、USBメモリなどの外部記憶装置に書き込みを行った回数を集計してグラフ化したりするなど、社内の現状・傾向を視覚的に確認できるようになります。「SKYSEA Client View」を利用し、あらゆる角度からクライアントPCでの操作を把握、傾向分析することで、ルールの見直しや運用の改善に役立ちます。

トップページ戻る
ページの先頭へ
お問い合わせ カタログダウンロード
セミナーのお申し込み